ドキュメント

一部のEVSE、メーター、インバーターに関する説明書

各コントローラに固有のSlave ID を設定する必要があります:cFos Charging Manager -> System Configuration -> Modbus

住所COMx,9600,8,n,1
スレーブID1
レジスター2001
タイプ16 bit word
カウント1
書き込む値新規Slave ID
書き込み機能16

書く

それ以降、コントローラは新しいSlave ID にのみ耳を傾けるようになります。 その後、レジスタ>=2000を書き込みます(例えば、新しいスレーブIDでレジスタ2001を再度書き込みます)。そうすれば、再起動後もその値は有効です。

ディップスイッチとロータリースイッチを全て初期設定にします。メインボードの最大電流のロータリースイッチを5(16A / 11kW) に設定します。マニュアルの表に従って、DIP S4で希望のModbusSlave ID を設定します。チャージングマネージャーで、COMx,19200,8,e,1をアドレスとして入力します。

新しいモデルのconnect.home、connect.business、connect.solarでは、RFIDカードをボックスにティーチングし、充電を許可する必要があります。チャージング・マネージャーでは、"Authorise charging"(充電を許可)機能を持つユーザー用のRFIDを作成したり、ボックスに割り当てたりしないでください。

cFosチャージングマネージャーで→コンフィギュレーション

住所EVSEに設定されているチャージポイントID
IDEVSEで設定されたコネクタID

cFos Charging Manager -> cFos Power Brain Controller Configurationで。"EVSE as OCPP client "を有効にする。

IDチャージングマネージャで設定された通り(コネクタIDは常に1です)
サーバーポート番号を含むOCPPバックエンドのURL(例:http://192.168.2.115:19520/)。バックエンドによっては、末尾の「/」が重要になる場合があります - cFos Charging Managerの場合、ポート番号は常に19520です。

TWCのロータリースイッチは "F "に設定すること
注意してください。応答がない場合は、EVSEへの接続線2本を交換する必要があるかもしれません。
cFos Charging Manager」→「System Configuration」→「Tesla TWC」にて。

ID検索

テスラTWCのIDを探そうとする。一方、接続できるTWCは1台のみです。IDは4桁(16進数)です。
cFosチャージングマネージャーで→コンフィギュレーション

住所・ID見つかった値(COMアドレス/ID)をここに入力します。

Modbus ポートは常に502 です。スレーブIDは通常255です。フエニックス・コンタクト社では180でも可能です。
cFos Charging Managerは、Wallbeの「Pro」モデル(カウンターを内蔵したモデルなど)でも動作するはずです。私たちは、これをテストしてくれる人を探しています。お気軽にご連絡ください。

OCPP: Setup via innogy eConfig app

innogy eConfig app経由でウォールボックスへの接続が確立されたら、「Business / Commercial」をクリックして設定を行います。バックエンドを選択する際、「3rd Party Backend」を選択します。ネットワークは、接続に応じてWLANまたはLANを選択し、WLANの場合は、SSIDとWLANパスワードも入力します。ウォールボックスがネットワークに接続された後、バックエンドの設定が可能になります。バックエンドのURLとしてws://x.x.x:p/を入力します。ここで、x.x.x.xはネットワーク上のcFos Charging ManagerのIP(例:192.168.2.111)を、「p」は使用するポート(例:19500)を表します。この例では、アドレスは ws://192.168.2.111:19500/ となっています。バックエンドへの接続をSSL暗号化する場合は、URLの先頭の「ws」を「wss」に置き換える必要があります。ChargeBox ID」の下に、ウォールボックスがバックエンドに報告する際の名前を入力します(例:LP000123、CP456)。ウォールボックスがパスワードによる認証も行う場合は、オプションとして入力できます。この場合、ユーザー名には ChargeBox ID フィールドと同じ値を入力する必要があります。

OCPP:ウォールボックスのウェブインターフェースを介したセットアップ(ファームウェアバージョン 1.3.26 以降)

現在のファームウェアバージョンは、ウォールボックスに接続した後に innogy eConfig アプリに表示されます。ウェブインターフェースは、ウォールボックスのIPアドレスの下でHTTPS(ポート443)を介してアクセスすることができます。まず、上記のようにネットワークへの接続を確立する必要があります。次に、使用するルーターを使用して、ウォールボックスのIPアドレスを決定する必要があります(例:192.168.2.111)。その後、ブラウザーでWebインターフェースにアクセスできます。証明書の警告は無視してください。admin」でログインし、パスワードにeBoxのPUKを入力します。
OCPPの設定は、メニュー「ECU」、サブメニュー「OCPP」で行います。ChargeBox Identityでは、eBoxがOCPPバックエンドに報告する名前を選択します(LP000123または CP456など)。エンドポイント URI には、OCPP バックエンドの URI を入力します。たとえば、暗号化されていない接続の場合は ws://192.168.2.111:19500/ 、暗号化された接続の場合は wss://192.168.2.111:19500/ などです。eBoxをパスワードで追加認証する場合は、「パスワード」の下に入力します。この場合、ユーザー名はChargeBox Identityと同じである必要があります。その他のパラメータはすべてデフォルト値のままでかまいません。パラメータ「相対的なメーターの読み取り値を使用する」は有効にしないでください。パラメータ「サーバー証明書を検証する」は有効にしないでください。設定は「OK」で受理されます。

cFos充電マネージャでModbus TCP経由でinnogy eBoxを操作する

ファームウェア1.3.26以降、innogy eBoxはModbus TCP経由で操作することもできます。innogy eConfigアプリを使用して、利用可能なファームウェアバージョンを確認することができます。eBoxのWebインターフェースは、上記のように設定し、呼び出すことができます。Modbusの設定は、メニューLDP1 -> Load managementで行います。負荷管理のタイプとしてmodbus_tcpを選択します。インターフェースとして使用するネットワークを、LAN1ならnet1、LAN2ならnet2、WLANネットワークならwlan1を選択します。Port」では、使用する TCP ポートを選択します。Modbusの場合、デフォルトでは502または5555です。 OK」をクリックして設定を受入れます。必要に応じて、メニュー「System -> Reset -> Router restart」でeBoxを再起動します。

残念ながら、充電したkWhを読み出すためのModbusレジスタは現在把握していません。この点に関する情報をお寄せください。

ここでは、ツイストケーブル(ベル線、ネットワークケーブル)による2線式接続が必要です。eMH1の筐体にはRJ12ソケットがあり、基板上のRS485と接続されています。真ん中の2つの)ピン3、4はModbus A、Bなので、RJ12から2線式へのアダプタが必要です。ModbusのA,Bは指定されていないので、EVSEにアクセスできない場合は、配線を入れ替える必要があります。アドレスはCOM1,38400,8,E,1(WindowsやRaspberryではCOM3など他のCOMポートの可能性あり)です。ABLの設定プログラムconfcabでEVSEを "Standalone "に設定する必要がある場合があります。Modbus IDは、必要に応じて1~16の値に設定することができます。

これらのウォールボックスはOCPPで接続する必要があります。コネクターは2つあり、1つのコネクターにつき、1つのウォールボックスタイルをセットアップする必要があります。2つ目のコネクターは位相が120度ずれています。しかし、ウォールボックスはこのことをチャージングマネージャーに伝えないため、セットアップ時に2つ目のコネクターの位相回転を120度に設定することを忘れないようにする必要があります。

cFos Charging Managerで、Addressフィールドにウォールボックスのシリアル番号(例:EH123ABC)を入力します。IDフィールドは意味を持ちません。関連するロケーションのeasee.cloudにあるEaseeの設定で、技術オペレータとして「cFos eMobility」を選択します。RFIDは、Easeeのコンフィギュレーションで充電ステーションのアクセス認証が「プライベート」に設定されている場合にのみ、チャージングマネージャーで読み取ることができます。

アドレスには、ホームネットワークで go-e に到達できる IP アドレスを入力します。

アドレスとして、ホームネットワークでウォールボックスが到達できるIPアドレスを入力します。KEBA UDPプロトコルを有効にするには、wallboxのDIPスイッチ1.3を「on」に設定する必要があります。OCPP経由でx-seriesを統合することもできます。Modbusを搭載したGreen Editionのみサポートしています。

アドレスには、ホームネットワークで EVSE に到達できる IP アドレスを入力してください。または、OCPPで統合することも可能です。

Modbusを介した統合。OCPPを無効にし、無料充電を無効にし、Modbusを有効にし、Modbus Register Set TQ-DM100を選択することが可能です。その後、EVSEのアドレスをポート502の下に、例えば、アドレスとして192.168.2.111:502を入力します。cFos Charging ManagerのWebsockets JSON OCPPバックエンドURL(ポートを含む)を入力し、例えばws://192.168.2.123:19500/と入力し、RFIDで充電を開始します。

最終的にはAutoaidファームウェア1.1.805で正常にテストされました。 ボックスをセットアップするには、App Storeからアプリ「EVSE Mesh」をダウンロードしてください。EN+バックエンドの代わりに、cFosチャージングマネージャーのIPアドレスとポートを入力する必要があります。cFos Charging Manager の IP アドレスが 192.168.2.100 で、ポートが 19520 の場合、Autoaid wallbox に http://192.168.2.100 (非暗号化)および https://192.168.2.100 (暗号化)を入力する必要があり ます。ポート:19520。「http://」または「https://」の代わりに「ws://」または「wss://」でもかまいません。暗号化された接続は現在未検証です。cFos Charging Managerでは、デバイスタイプとして「EVSE with OCPP」を選択し、アドレスとしてオートエイドインテリジェント社のOCPPチャージングポイントIDを入力する必要があります。チャージポイントIDは、SNで始まるウォールボックスのシリアル番号です。アプリ内に表示されます。

EVSE セットアップで、識別を「非アクティブ」に設定する。充電ステーションタイプを「スタンドアローン・ソリューション」に設定します。EVSEがLANで利用できるように、固定IPアドレスを割り当てる必要があるかもしれません(EVSEのDHCPサーバーを無効にする可能性もあります)。エネルギー管理」で、オプション「充電電流スロットル」を6Aに、「ローカル電力削減」を16Aに設定します。cFos Charging Managerで、EVSEのアドレスとポート502を入力します(例:192.168.2.111:502、IDを255に設定します)。EVSEをOCPPで運用する場合は、バックエンドのURLとしてws:...を入力します。バックエンドのURLとして、wssは入力しません。

このウォールボックスは、ebeeやBenderと同じコントローラーを搭載しているので、デバイスの種類としてMennekes Amtronを選択することができます。

OCPP: cFos充電マネージャがOCPP経由で充電電流を制御できるように、ハイパーチャージャーのOCPPコンフィギュレーションでパラメータ "AllowMaxChargingProfile "を "true "に設定する必要があります。
Modbus:バージョン4.0(HYC_400)からの新しいHyperchargerはModbusに対応しています。Modbus TCPサーバーをアクティブにし、Modbus経由の書き込みを許可する必要があります。フェイルセーフタイムアウトを180秒以上に設定する必要があります。さらに、タイル設定の "Connector "に0から始まるコネクタ番号を入力する必要があります。

Modbus:充電ステーション(BigEndian)でModbusを有効にする必要があります。Modbus ID 1 は、シリアル番号などのグローバルな値として使用されます。Modbus ID 2は1番目の充電ステーションまたは急速充電器の最初のプラグ、Modbus ID 2は2番目の充電ステーション、といった具合に。通常、プラグ番号には0を入力します。合計充電電力のみがModbus経由で送信されます。つまり、正確な位相使用は、充電マネージャの "Phases "パラメータで設定する必要があります。

SMA EV ChargerはHTTPで制御されます。充電電流の設定には、cFos Charging Managerのパラメータ「Parameter.Inverter.AcALim」を使用します。これをSMAチャージャーのフラッシュメモリーに保存することもできますが、これでは書き込み回数に限りがあります。充電電流を設定するとこのメモリが消耗してしまうのかどうか、SMAに問い合わせても無駄だったので、「更新遅延」というパラメータを設定に入れました。最後に設定した後の充電電流の上昇を設定した秒数分遅らせることができます。減っていくのは常に即物的なものです。このパラメーターは、高速レギュレーションと低摩耗の妥協点として、自分で任意に設定することができます。

アクセスデータでTerraConfig Service Portalにログインします。そこに別のOCPPサーバーを設定する。設定を一意に説明する任意の名前を入力します。暗号化されていない接続は「ws」、暗号化された接続は「wss」を選択します。充電マネージャとウォールボックスが同じローカルネットワークにある場合、通常は暗号化されていない接続で十分です。暗号化接続を選択した場合、チャージングマネージャーの「設定」にあるフィールド「OCPP Server TLS」が「On」または「Detect」に設定されていることを確認します。また、そこに入力されている「OCPP Server Port」にも注意してください(デフォルトでは19520)。TerraConfigで、「URL」の下にCharging ManagerのIPアドレスを入力し、その後にコロンとOCPPサーバーポートを入力します。 TerraConfigでプロトコルとして「OCPP 1.6-J」を選択します。これらの設定を保存します。

ウォールボックスの設定に使用するTerraConfigアプリで、OCPP設定で作成したばかりのOCPPサーバープロファイルを選択すると、利用可能なプロファイルのリストに表示されるはずです。

まだ行っていない場合は、Charging Managerで新しいウォールボックスを追加します。デバイスタイプとして「EVSE with OCPP 1.6」を選択します。Address」の下に、ウォールボックスのシリアル番号(例:TACW2241234G5678)を入力します。IDフィールドはコネクタIDに対応し、コネクタが1つのウォールボックスの場合は常に「1」です。これらの設定を保存します。

作成したウォールボックスのタイルでは、1行目に「Offline / Off」と表示されるようになります。充電マネージャへのウォールボックスの接続が成功すると、この行が「待機中/オフ」に変わることで認識することができます。さらに、タイルの下部には「EVSE OCPP」が最初に表示されます。接続に成功すると、ウォールボックスの詳細情報(メーカー、モデル、ファームウェア、シリアル番号)がそこに表示されます。

ChargePoint Cloudに統合されるウォールボックス(ハズ)、例:CP4320など。デバイス構成で、デバイスタイプで「ChargePoint」を選択します。アドレス]の下に、CPNID:StationIdentifier の形式で ChargePoint Station ID を入力します(例:「2:1234567」)。ステーションIDが不明な場合は、ステーションのシリアル番号、MACアドレス、または名前をアドレスに入力することもできます。この場合、入力はステーションを一意に識別する必要があります。IDの下で、ポート番号を選択します。コネクタ付きの充電ステーションでは、ポート番号は常に 1 です。 ユーザーとパスワードのフィールドに、ChargePoint Cloud のログインデータを入力します。Phases]では、実際に接続されているフェーズを選択する必要があります。クラウドが必要な測定値を提供しないため、Charging Manager はフェーズの使用状況を判断できません。測定値は、最大 5 分の遅延を伴って送信されます。したがって、十分な制御予備を設定してください。

eHomeはModbus RTUで接続されています。COM パラメータとして 9600,8,e,1 を選択しますが、9600 の代わりに 19200、e の代わりに n、ストップビット 1 の代わりに 2 も必要な場合があります。Modbus IDはデフォルトで1です。 複数のウォールボックスを使用する場合は、レジスタ0を書き込んでウォールボックスのModbus IDを固有の値に設定する必要があります。cFos Charging Managerのウォールボックス設定で、このウォールボックスのオプション「Leave charging activated」をオンにする必要があります。そうしないと、ウォールボックスが非アクティブ化されたときに、充電ケーブルが差し込まれているかどうかがわからなくなります。

OCPP経由の接続:OCPP経由の負荷管理は、Circontrol eVolveで有効にする必要があります。そのためには、ウォールボックスのコンフィギュレーション・メニューの "Configuration"(コンフィギュレーション)のサブ項目 "Charge"(チャージ)で、"Power Balance"(パワーバランス)フィールドを "enabled"(有効)に設定する必要があります。そして、そこで「OCPP Smart Charging」を選択する必要があります。

このウォールボックスの場合、Web UI の負荷管理で、充電電流 PWM のパラメータを 0 に設定する必要があります。

OCPP経由の接続:ウォールボックスのOCPP設定において、cFosチャージングマネージャーのIPアドレス(例:192.168.178.42)およびそれに設定されたOCPPサーバーポート(例:19520)を次のように入力します: ws://192.168.178.42:19520/
さらに、ウォールボックスの設定で「顧客識別番号」に入力した値に注目してください。充電マネージャのデバイス構成で、この値を「アドレス」フィールドに入力します。デバイスのタイプとして「EVSE with OCPP 1.6」を選択します。

少なくともファームウェアv3.89をVestel Wallboxにインストールしてください。Modbus:Vestelはデフォルトポートとして502を使用しますので、アドレスは例えば192.168.1.111:502でなければなりません。IDは255です。

充電器の設定 UI で、デフォルトの充電電力を 1kW に設定する必要があります。(セルフ) そうすると、この充電ステーションは完全にオフにすることはできませんが、常に少なくとも250Wで充電します。

ウォールボックスのウェブUIで、"Card Type "パラメーターを "Start/Stop "から "Billing Card "に変更する。

S0メーターは、スイッチング出力で1kWhあたり一定のパルス数をトリガーします。kWhあたりのパルス数は正しく設定する必要があります。配線はツイストペア線(ベル線、電話線、ネットワークケーブル)で行われます。スイッチング出力は通常半導体出力のため、メーター上のS0ラインを変更する必要がある場合があります。cFosチャージングコントローラーに接続する場合、12Vの短絡はコントローラーが破壊される可能性がありますので避けてください。S0メーターの詳細情報はこちらをご覧ください。

適切なメータータイプを選択し、2線式ライン(電話線/ネットワークケーブル)を使用して、コンタクトAからA、BからBに配線し、バスを作成します。線路長が10m以上の場合は、バスの両端に120オーム、1/4ワットの終端抵抗を付けることをお勧めします。AとBは標準化されていませんので、配線を入れ替える必要があるかもしれません。バス上の各デバイスには固有のIDがあり、アドレスの他に入力する必要があります。アドレスには、COMx,baud,bits,parity,stops を入力します。例えば、COM1,9600,8,N,1 のように、x は 2 線式接続の COM ポートを示します。cFosチャージングコントローラーは常にCOM1です。WindowsとRaspberryの場合は、RS485アダプタのCOMポートを調べる必要があります。ボーレート、ビット数、パリティ、ストップ数はメーターのマニュアルに記載されています。ABBは19200,8,N,1、Eastronは9600,8,N,1、OrnoとZZ4 D513020 9600,8,E,1 となります。Modbus RTU(2線式)上の各機器には固有のIDが必要です。1つのバスで複数のユニットを操作する場合、ユニット内のIDを変更する必要がある場合があります。これは、メーターのコントロールボタンを使用して、または "Configuration "の下の充電マネージャでModbus UIを使用して行うことができます。

Bauer BSMの場合、デバイスタイプとしてSunSpec、2線式で接続したCOMポートを選択します。インターフェースパラメータに19200,8,E,1、IDに42を選択します。 メーターで他のパラメータを設定している場合は、適宜選択してください。

Powerfoxのメーターは、そのデータをメーカーのクラウドに送信します。そして、このデータをcFosチャージングマネージャーで取得することができます。次のアドレスを入力します。https://user:pwd@backend.powerfox.energy/api/2.0/my/main/current。ここで、'user'はユーザー名、'pwd'はパスワードです。ユーザー名に@が含まれる場合は、%40に置き換える必要があります。例えば、claus@example.com は claus%40example.com になります。URLには、特定の特殊文字が含まれていてはいけません。を%3fに置き換えるなど、%コーディングで記述する必要があります。

Shelly 3EMは家のネットワークにログインし、HTTP APIでアドレスが取得できます。アドレスは例えばhttp://user:pwd@192.168.2.111。ここで「user」はユーザー名、「pwd」はパスワードです(ユーザー名に@が含まれる場合は、これを%40に置き換える必要があります。例えばclaus@example.com は claus%40example.com になります)。

デバイスの種類として「Elgris Smartmeter」を選択します。メーターはModbus TCPで統合することができます。メーターがハウスネットワークに登録されているアドレスとポート502(例:192.168.2.111:502)を入力します。IDは通常1です。

PV 機器については、必ずデバイスタイプ「SunSpec Solar Inverter」を最初に試すことをお勧めします。デバイスがホームネットワークにログインしている IP アドレスをアドレスとして入力します。また、メーカーによっては異なるデバイスを特定の ID で表示する場合があるため、ID を正しく入力する必要があります(例:Fronius、下記参照)。必要であれば、メーカーのマニュアルを参照してください。デバイスによっては Modbus TCP も有効にする必要があります。SMA の場合は、デバイスの ID に 123 を加えたものを充電マネージャの ID として設定します(SMA デバイスに 3 が設定されている場合は 126 など)。
サンスペックは常にビッグエンディアンの値で動作します。Kostalなどで、デバイスが「ビッグエンディアン」に設定されていることを確認してください。
SunSpecは様々なデバイスモデルの標準化です。複数のモデルを1つのデバイスにマッピングすることができ、(必要に応じて)選択することができます。SunSpecパラメータに関する情報はこちらをご覧ください。デバイスのIPアドレスは正しいがSunSpecデバイスが見つからない場合、SunSpecスタートレジスターを設定することもできます。特定のサンスペック・モデルが必要な場合(他を除外したい場合)、「サンスペック・モデル・インデックス」を使用して、チャージング・マネージャーが以前のモデルのレジスターをスキップするようにできます。それぞれのサンスペック開始レジスターと、お使いのデバイスのサンスペックモデルの順序については、製造元のマニュアルを参照してください。
Solaredgeでは、Solaredgeがさらにカウンターを追加している可能性があるため、SunSpecスタートレジスターとして40121、40295、40469を引き続き使用できます。

また、cFosチャージングマネージャーは、SunSpecに従って読み取り可能なストレージを探そうとします。ストレージがSunSpecをサポートしている場合、このメーターデバイスタイプにSunSpecを選択することができます。

アドレスはSMAインバータがホームネットワークに登録されているIPアドレスを入力してください。ポートは通常502、例えば192.168.2.111:502です。 IDは多くの場合3です。メータータイプ「SMAインバーター」で多くのインバーターを読み出すことができます。しかし、SunSpecを使ってSMAデバイスを読み出すことをお勧めします。これを行うには、デバイスに設定されている Modbus ID に 123 を追加する必要があります。例えば、SMAインバーターに入力されたModbus IDが3の場合、cFosチャージング・マネージャーのIDとして126を設定する必要があります。
蓄電デバイス(Sunny Boy Storage / SBSなど)は、サンスペックのもとで1相または3相インバーターとして制御できます。この場合、SMAは充電中に負の値を、放電中に正の値を供給します。この場合、Charging Managerのカウンタータイルの設定で、係数として1ではなく-1を入力する必要があります。

E3/DC ユニットは、さまざまな方法でアドレス指定することができます。まず、デバイスタイプ 'SunSpec Solar Inverter'を試してみてください。あるいは、E3/DCシンプルモードというものがあり、デバイスタイプ'E3/DC Solar Device'で選択することができます。アドレスは、機器がホームネットワークに登録されているIPアドレスを入力してください。ポートは502、例:192.168.2.111:502。Idはおそらく1です。 シンプルモードでは、「Register or Power Meter」に、目的の電力値を読み出すためのレジスタ(この場合、全相を一緒に参照します)または電力計(相に関する電力値を読み出すことができます)の入力も必要です。パワーメーターの有効値は0~7です。レジスタの一覧はこちらです。注意:E3/DCでModbusとModbus/TCPを有効にする必要があります。

デバイスタイプとして「SunSpec Solar Inverter / Meter」を選択します。フロニウスのインバーターのIPアドレスをアドレスとして入力し、続いてポート番号として:502を入力します。Idとして、フロニウスは通常、インバーター(蓄電池あり、なし)には1を、スマートメーターには240を使用します(200、201、202、203、204でも可能です)。蓄電池はインバータに付属している場合もあれば、スマートメーターに付属している場合もあります。Modbus IDの設定の詳細については、各デバイスのマニュアルを参照してください。cFosチャージングマネージャーがバッテリーストレージの追加モデルを見つけた場合、ディスプレイの拡張情報の下に "+Bat "と表示されます。フロニウス・ハイブリッド・デバイスは、MPPTモジュール用のサンスペック・モデルでバッテリー・ストレージ・カウンターを表示します。チャージングマネージャーには、バッテリーストレージの充放電電力が表示されます。ハイブリッドユニットの場合、インバーターの電力表示はPVストリングとバッテリーストレージが混在していることがあります。太陽光発電量だけを測定するには、MPPTモジュール#1(および#2)を搭載した「Sunspec Solar Inverter / Meter」というタイプのメーターを1-2台設置することができます。さらに、ハイブリッド・インバータ用のModbus経由で一貫性のない値のみを読み出すことができる場合、純粋にインバータ、系統連系量計、蓄電池を読み出すための "Fronius...HTTP "メータ定義も提供しています。

インバータに関連して、Kostalは主電源を双方向に測定できるメーターを提供しています。デバイスの種類として「Kostal Powermeter」を選択します。アドレスとしてKostalインバータのIPアドレスを入力します。ポートは1502が多いです(例:192.168.2.111:1502)。IDは71がよく使われます。

注意:ほとんどの場合、KostalインバータとSmartmetersのデバイスタイプは「SunSpec Solar Inverter / Meter」を選択する方がよいでしょう。これが不可能な場合のみ、「Kostal Inverter HTTP」を使用してください。
デバイスの種類として「Kostal Inverter HTTP」を選択します。アドレスはKostalインバータのIPアドレスを入力してください。インバータのバージョンは十分に新しいものでなければなりません。必要であれば、インバータのファームウェアを更新してください。より新しいPiko 7.0でテストしました。

KSEM はデバイスタイプ SunSpec として、IP アドレスとポート 502(192.168.2.111:502 など)で動作します。IDは0を入力します。

SMAホームマネージャは、そのデータをUDPマルチキャストとして、すべてのネットワーク参加者に定期的に送信しています。そのため、アドレスを指定する必要はありません。ネットワークがUDPマルチキャストを転送していることを確認する必要があります。これはWLANでブロックされることが多いので、ルーターで有効にする必要があります。

SolarLogとSonnenデバイスの場合、デバイスタイプで「SolarLog Production」または「Sonnen Production HTTP」など、デバイスがどの機能を持つかを選択できます。次に、デバイスがホームネットワークにログインしている IP アドレスをアドレスとして入力します。SolarLogの場合は、192.168.2.111:502のようにポート502を、Sonnenの場合は、http:// を前に付けて、例えば、http://192.168.2.111。

Rainer Z.さん、ご指導ありがとうございました!
統合には2つの可能性があります:Modbus RTU(2線式)とModbus TCP(国内ネットワーク経由)です。Huaweiドングルを使用する場合は、Modbus TCPを選択する必要があります。これは WLAN または LAN 接続を提供します。ただし、ファームウェアのバージョンが古いと、しばしば問題が発生します。Huawei 自身は Modbus TCP 用に以下のファームウェアバージョンを推奨しています:デバイスの最小ファームウェアバージョン SDongleA-05 V1000R001C00SPC124, SUN2000L V2000R001C00SPC115, SUN2000MA V1000R001C00SPC139 (現在ドングルバージョンV100R001C00SPC127とインバーターバージョンV100R001C00SPC141でテスト済み)。必要に応じて、インストーラーにFusionSolarのウェブサイトから入手可能なパッケージでアップデートしてもらうか、eu_inverter_support (at) huawei.comに連絡してください。インストールメニューへのアクセスが可能であれば、お客様ご自身でインバータをアップデートすることも可能です。同様に、Modbus TCPもこのインストールメニューで有効にする必要があります:

  • インバータのWi-Fiホットスポットを介して携帯電話をインバータに接続します。設定されていない場合、ホットスポットのデータはQRコード付きのステッカーとしてドングルに貼られています(デフォルト:SUN2000-xxxxxxx)。
  • 現在のFusionSolarアプリを起動します。
  • アクセスに失敗しました」というメッセージを確認します。
  • 3点メニュー(右上)を開く
  • ユニットのスタートアップを選択
  • 接続記録 "の下にあるユニット(例:SUN2000-xxxxx-xx)にログオンします。設置者がパラメータを変更していない場合、パスワードは00000aです。
  • 設定 → 通信設定 → ドングルパラメータ設定 → Modbus TCP で、「接続」設定を「有効(無制限)」にします。
ドングルのアップデート後に Modbus TCP が機能しなくなった場合、この Modbus TCP のアクティベーションを繰り返す必要があります。Maintenance → "Update device "で、ドングルを除くデバイスのソフトウェアをアップデートできます。Modbus TCP クエリは Huawei と共にややタイムクリティカルであるため、2 つのインスタンスが値をクエリすることはありません。PV 余剰充電(ソーラー余剰充電)には、メーター "Huawei SUN 2000 Meter "を選択する。IPはファーウェイインバーターのIPとそのID(多くの場合1)を選択する。ポートは502、例えば192.168.2.111:502。 グリッドリファレンスメーターはグリッドリファレンスに負の値、フィードインに正の値を表示します。そのため、cFosチャージングマネージャーのカウンター設定でカウンターを反転させる必要があります。

Victronを使用することで、様々なデバイスを "Modbus control device "の下に統合することができます。Modbus IDはどのデバイスに到達するかを決定します。まず、Victronのドキュメント、またはWebインターフェース(Remote Console)のSettings -> Services -> Modbus TCP -> Available servicesから目的のデバイスのModbus IDを決定します。
次に、cFos Charging Managerのデバイスタイプとして適切なデバイスを選択し、アドレスとしてIPアドレスとポート502を入力し、IDとして適切なModbus IDを設定します。cFosチャージングマネージャーで選択可能なメータータイプは、グリッドリファレンスメーターとして "Victron Energy Meter"(ビクトロンの "Energy Meter")と "Victron Sys Battery"(ビクトロンの "System "に表示されている蓄電システム)です。

アドレスには、http://user:passwort@ip_addressと入力します。ここで、userはあなたのユーザー名、passwordはロガーのパスワード、ip_addressはロガーがあなたの家のネットワークにログインしているIPアドレスです。例えば、http://claus:test1234@192.168.2.111
ソファソーラーには、Modbus TCPまたはModbus RTU(2線式)を話すデバイスもあります。ここでは、メーター定義を準備し、テストする人を探しています。

:cFosチャージングコントローラの場合、COMポートは常にCOM1です。