コンタクト / サポート

サポートのご希望の方、またはご不明な点がありましたら、お問い合わせフォームをご利用ください。

法的通知

TDG(ドイツテレサービス法)に基づく情報:

www.cfos-emobility.deを担当するサービスプロバイダーはcFos eMobility GmbHで、NordstrのオーナーマネージャーChristophLüdersおよびMartin Winklerが代表を務めています。 65a、53111 Bonn、電話:+49 228-286 985 30、登録簿エントリ:Bonn、HRB 25713; UStID / Vat-No .: DE336459569、メール:

cFos®は登録商標です。

データ保護

1.一目でわかるプライバシー

一般情報

以下の注記は、このWebサイトにアクセスしたときに個人データがどうなるかについての簡単な概要を示しています。個人データとは、個人を特定できるすべてのデータです。データ保護の主題に関する詳細情報は、このテキストの下にリストされているデータ保護宣言に記載されています。

このウェブサイトでのデータ収集

このウェブサイトでのデータ収集の責任者は誰ですか?

このウェブサイトのデータ処理は、ウェブサイトの運営者によって行われます。連絡先の詳細は、このデータ保護宣言の「責任機関に関する通知」のセクションに記載されています。

どのようにあなたのデータを収集しますか?

一方では、あなたが私たちにそれを伝えるときにあなたのデータが収集されます。これはzにすることができます。 B.お問い合わせフォームに入力するデータであること。

その他のデータは、お客様がWebサイトにアクセスしたときに、自動的に、または当社のITシステムによるお客様の同意を得て収集されます。これは主に技術データです(例:インターネットブラウザ、オペレーティングシステム、ページビューの時間)。このデータは、このWebサイトにアクセスするとすぐに自動的に収集されます。

私たちはあなたのデータを何のために使用しますか?

データの一部は、ウェブサイトがエラーなしで提供されることを保証するために収集されます。他のデータを使用して、ユーザーの行動を分析できます。

データに関してどのような権利がありますか?

あなたには、保存された個人データの出所、受取人、目的に関する情報をいつでも無料で受け取る権利があります。また、このデータの修正または削除を要求する権利もあります。データ処理に同意した場合は、将来いつでもこの同意を取り消すことができます。また、特定の状況下では、個人データの処理を制限するよう要求する権利があります。また、管轄の監督当局に苦情を申し立てる権利もあります。

データ保護について他にご不明な点がございましたら、いつでもお問い合わせください。

分析ツールとサードパーティツール

このウェブサイトにアクセスすると、サーフィンの行動を統計的に評価できます。これは主にいわゆる分析プログラムで行われます。

これらの分析プログラムの詳細については、次のデータ保護宣言を参照してください。

2.一般情報と必須情報

プライバシー

これらのページの運営者は、あなたの個人データの保護を非常に真剣に受け止めています。私たちはあなたの個人データを秘密に扱い、法定のデータ保護規則とこのデータ保護宣言に従って扱います。

このウェブサイトを利用すると、さまざまな個人データが収集されます。個人データとは、個人を特定できるデータです。このデータ保護宣言は、私たちが収集するデータとその使用目的を説明しています。また、これがどのように、どのような目的で発生するかについても説明します。

インターネットでのデータ送信(電子メールで通信する場合など)にはセキュリティギャップがある可能性があることを指摘しておきます。第三者によるアクセスからデータを完全に保護することはできません。

責任機関に関する注記

このウェブサイトのデータ処理の責任者は次のとおりです。

cFos eMobility GmbH
Nordstr. 65a
53111 Bonn
ドイツ

電話:0228-7669826
Eメール:helpcfos@cfos.de
ウェブサイト:www.cfos-emobility.de

責任機関は、個人データ(名前、電子メールアドレスなど)を処理する目的と手段を単独で、または他の人と一緒に決定する自然人または法人です。

保存期間

このデータ保護宣言で特定の保存期間が指定されていない限り、データ処理の目的が適用されなくなるまで、お客様の個人データは当社に残ります。正当な削除要求を主張したり、データ処理への同意を取り消したりした場合、個人データを保存する他の法的に許容される理由(税法や商法の保持期間など)がない限り、データは削除されます。後者の場合、これらの理由がなくなるとデータは削除されます。

このウェブサイトでのデータ処理の法的根拠に関する一般情報

データ処理に同意した場合、第9条第1項GDPRに従った特別なデータカテゴリが処理される場合は、第6条第1項GDPRまたは第9条第2項GDPRに基づいて個人データを処理します。 Cookieの保存またはエンドデバイス上の情報へのアクセス(デバイスのフィンガープリントなど)に同意した場合、データ処理もセクション25(1)TTDSGに基づいています。同意はいつでも取り消すことができます。お客様のデータが契約の履行または契約前の措置を実行するために必要な場合、当社は第6条(1)(b)GDPRに基づいてお客様のデータを処理します。さらに、第6条(1)(c)GDPRに基づいて法的義務を履行する必要がある場合は、データを処理します。データ処理は、GDPR第6条第1項に従って、当社の正当な利益に基づいて行うこともできます。このデータ保護宣言の次の段落は、個々のケースに関連する法的根拠に関する情報を提供します。

米国およびその他の第三国へのデータ転送に関する注意

特に、米国またはその他の第三国に拠点を置き、データ保護法で保護されていない企業のツールを使用しています。これらのツールがアクティブな場合、個人データをこれらの第三国に転送してそこで処理することができます。これらの国では、EUに匹敵するレベルのデータ保護を保証することはできません。たとえば、米国企業は、関係者がこれに対して法的措置を取ることができるため、あなたなしでセキュリティ当局に個人データを公開する義務があります。したがって、米国当局(シークレットサービスなど)が監視目的でデータを処理、評価し、米国のサーバーに永続的に保存することを排除することはできません。これらの処理活動には影響を与えません。

データ処理への同意の取り消し

多くのデータ処理操作は、お客様の明示的な同意がある場合にのみ可能です。すでに与えた同意はいつでも取り消すことができます。失効までに行われたデータ処理の合法性は、失効の影響を受けません。

特別な場合のデータ収集および直接広告に反対する権利(第21条GDPR)

データ処理がアートに基づいている場合。 6ABS。 1点灯。 EまたはFGDRの場合、お客様は、特定の状況に起因する理由により、お客様の個人データの処理にいつでも異議を唱える権利を有します。これは、これらの規定に基づくプロファイリングにも適用されます。処理の基礎となるそれぞれの法的根拠は、このデータプライバシーポリシーに記載されています。お客様が異議を唱えた場合、お客様の利益、権利、および自由を無効にする処理の包括的な根拠を証明できない限り、または処理が執行、行使、または権利の擁護のためである場合を除き、当社はお客様の懸念する個人データを処理しなくなります( )GDPR)。

あなたの個人データが直接広告のために処理される場合、あなたはそのような広告の目的のためにあなたの個人データの処理にいつでも異議を唱える権利を有します。これは、そのような直接広告に関連する範囲でのプロファイリングにも適用されます。お客様が異議を唱えた場合、お客様の個人データは直接広告目的に使用されなくなります(第21条(2)GDPRによる異議)。

管轄の監督当局に上訴する権利

GDPRに違反した場合、影響を受ける人々は、特に常居所の加盟国、職場、または違反の疑いのある場所で、監督当局に苦情を申し立てる権利があります。苦情を申し立てる権利は、他の行政上または司法上の救済を害することはありません。

データの移植性に対する権利

お客様には、お客様の同意に基づいて、またはお客様または第三者に一般的な機械可読形式で引き渡された契約の履行に基づいて、当社が自動的に処理するデータを所有する権利があります。他の責任者へのデータの直接転送を要求する場合、これは技術的に実行可能な範囲でのみ行われます。

SSLまたはTLS暗号化

セキュリティ上の理由と、サイト運営者として当社に送信する注文や問い合わせなどの機密コンテンツの送信を保護するために、このサイトではSSLまたはTLS暗号化を使用しています。//」から「https://」に変わることと、ブラウザ行のロック記号によって、暗号化された接続を認識できます。

SSLまたはTLS暗号化が有効になっている場合、お客様が当社に送信するデータを第三者が読み取ることはできません。

情報、削除、修正

適用される法的規定の枠内で、お客様は、保存された個人データ、その出所と受信者、およびデータ処理の目的に関する情報を解放する権利、および必要に応じて、いつでもこのデータを修正または削除する権利を有します。 。個人情報についてご不明な点がございましたら、いつでもお問い合わせください。

処理制限の権利

あなたには、あなたの個人データの処理の制限を要求する権利があります。これについてはいつでもお問い合わせいただけます。処理を制限する権利は、次の場合に存在します。

  • 当社が保管する個人データの正確性に異議を唱える場合、通常、これを確認する時間が必要です。審査期間中、お客様は個人データの処理を制限するよう要求する権利を有します。
  • 個人データの処理が行われた/違法に行われている場合は、削除する代わりにデータ処理の制限を要求することができます。
  • 当社がお客様の個人データを必要としなくなったが、法的請求を行使、防御、または主張するために必要な場合、お客様は、個人データの処理を削除するのではなく制限するよう要求する権利を有します。
  • 第21条(1)GDPRに従って異議を申し立てた場合は、あなたの利益と私たちの利益を比較検討する必要があります。誰の利益が優先されるかがまだ決定されていない限り、あなたはあなたの個人データの処理を制限することを要求する権利があります。

個人データの処理を制限している場合、このデータは、保存されている場合を除き、お客様の同意がある場合、または法的請求を主張、行使、防御するため、または別の自然人または法人の権利を保護するため、または次の理由でのみ使用できます。欧州連合または加盟国の重要な公益が処理されます。

プロモーションメールに反対する

私たちは、未承諾の広告および情報資料を送信するためのインプリント義務の一部として公開された連絡先データの使用に反対します。サイト運営者は、スパムメールなどの一方的な広告が送信された場合に法的措置を取る権利を明示的に留保します。

3.このウェブサイトでのデータ収集

クッキー

当社のウェブサイトはいわゆる「クッキー」を使用しています。 Cookieは小さなテキストファイルであり、エンドデバイスに損傷を与えることはありません。これらは、セッション中に一時的に(セッションCookie)または永続的に(永続的なCookie)エンドデバイスに保存されます。セッションCookieは、訪問後に自動的に削除されます。永続的なCookieは、自分で削除するか、Webブラウザによって自動的に削除されるまでエンドデバイスに保存されたままになります。

場合によっては、お客様が当社のサイトにアクセスしたときに、サードパーティ企業からのCookieがエンドデバイスに保存されることもあります(サードパーティCookie)。これらにより、当社またはお客様は、サードパーティ企業の特定のサービス(支払いサービスを処理するためのCookieなど)を使用できるようになります。

クッキーにはさまざまな機能があります。特定のWebサイト機能(ショッピングカート機能やビデオの表示など)がないと機能しないため、技術的には多数のCookieが必要です。その他のCookieは、ユーザーの行動を評価したり、広告を表示したりするために使用されます。

電子通信プロセスを実行するため、必要な特定の機能を提供するため(ショッピングカート機能など)、またはWebサイトを最適化するため(Webオーディエンスを測定するためのCookieなど)に必要なCookie(必要なCookie)。記事に基づいて保存されます。 6(1)(f)別の法的根拠が指定されていない限り、GDPR。ウェブサイト運営者は、技術的にエラーがなく、最適化されたサービスの提供に必要なCookieの保存に正当な関心を持っています。クッキーおよび同等の認識技術の保存への同意が要求された場合、処理はこの同意にのみ基づいて行われます(第6条第1項DSGVOおよび第25条第1項TTDSG)。同意はいつでも取り消すことができます。

Cookieの設定について通知され、個々の場合にのみCookieを許可し、特定の場合または一般的にCookieの受け入れを除外し、ブラウザを閉じたときにCookieの自動削除をアクティブにするようにブラウザを設定できます。クッキーが無効になっている場合、このウェブサイトの機能が制限される可能性があります。

Cookieがサードパーティ企業によって、または分析目的で使用されている場合は、このデータ保護宣言で別途通知し、必要に応じて同意を求めます。

サーバーログファイル

ページのプロバイダーは、情報を自動的に収集して、いわゆるサーバーログファイルに保存します。このファイルは、ブラウザから自動的に送信されます。これらは:

  • ブラウザの種類とブラウザのバージョン
  • 使用したオペレーティングシステム
  • リファラーURL
  • アクセスするコンピューターのホスト名
  • サーバーリクエストの時間
  • IPアドレス

このデータは他のデータソースとマージされません。

このデータは、第6条(1)(f)GDPRに基づいて収集されます。 Webサイトの運営者は、技術的にエラーのないWebサイトの表示と最適化に正当な関心を持っています。この目的のために、サーバーログファイルを記録する必要があります。

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォームからお問い合わせをいただいた場合、お問い合わせフォームにご記入いただいたお問い合わせ内容を含め、お問い合わせの処理やフォローアップのために保存させていただきます。お客様の同意なしにこのデータを渡すことはありません。

このデータは、お客様の要求が契約の履行に関連する場合、または契約前の措置を実行するために必要な場合、第6条(1)(b)GDPRに基づいて処理されます。他のすべての場合、処理は、当社宛ての問い合わせの効果的な処理に対する当社の正当な利益(GDPR第6条第1項)またはお客様の同意(GDPR第6条第1項)に基づいています。これが照会された場合。

お問い合わせフォームに入力したデータは、削除を依頼するか、保存への同意を取り消すか、データ保存の目的が適用されなくなるまで(たとえば、リクエストが処理された後)、私たちに残ります。必須の法的規定(特に保持期間)は影響を受けません。

メール、電話、FAXでのお問い合わせ

電子メール、電話、またはファックスでご連絡いただいた場合、結果として得られたすべての個人データ(名前、お問い合わせ)を含むお問い合わせは、お客様のリクエストを処理する目的で保存および処理されます。お客様の同意なしにこのデータを渡すことはありません。

このデータは、お客様の要求が契約の履行に関連する場合、または契約前の措置を実行するために必要な場合、第6条(1)(b)GDPRに基づいて処理されます。他のすべての場合、処理は、当社宛ての問い合わせの効果的な処理に対する当社の正当な利益(GDPR第6条第1項)またはお客様の同意(GDPR第6条第1項)に基づいています。これが照会された場合。

連絡先リクエストを介して送信されたデータは、削除をリクエストするか、保存への同意を取り消すか、データ保存の目的が適用されなくなるまで(たとえば、リクエストが処理された後)、私たちに残ります。強制的な法的規定、特に法定の保持期間は影響を受けません。

4.ソーシャルメディア

Shariffを使用したソーシャルメディアプラグイン

このウェブサイトではソーシャルメディアプラグインが使用されています(Facebook、Twitter、Instagram、Pinterest、XING、LinkedIn、Tumblrなど)。

通常、プラグインはそれぞれのソーシャルメディアのロゴで識別できます。このウェブサイトのデータ保護を確実にするために、私たちはこれらのプラグインをいわゆる「シャリフ」ソリューションと一緒にのみ使用します。このアプリケーションは、このWebサイトに統合されているプラグインが、最初にサイトにアクセスしたときに、それぞれのプロバイダーにデータを転送するのを防ぎます。

プロバイダーのサーバーへの直接接続は、関連するボタンをクリックしてそれぞれのプラグインをアクティブ化した場合にのみ確立(同意)されます。プラグインをアクティブ化するとすぐに、それぞれのプロバイダーは、IPアドレスを使用してこのWebサイトにアクセスしたという情報を受け取ります。それぞれのソーシャルメディアアカウント(Facebookなど)に同時にログインしている場合、それぞれのプロバイダーは、このWebサイトへのアクセスをユーザーアカウントに割り当てることができます。

プラグインをアクティブ化することは、GDPRおよびセクション25パラグラフ1TTDSGの第6条第1項の意味の範囲内で同意を表します。この同意はいつでも取り消すことができます。

5.ニュースレター

ニュースレターデータ

ウェブサイトで提供されるニュースレターの受信をご希望の場合は、お客様からの電子メールアドレスと、提供された電子メールアドレスの所有者であり、受信に同意したことを確認するための情報が必要です。ニュースレター。それ以上のデータは収集されないか、自主的にのみ収集されます。このデータは、要求された情報を送信するためにのみ使用され、第三者に渡されることはありません。

ニュースレター登録フォームに入力されたデータの処理は、お客様の同意に基づいてのみ行われます(第6条第1項、DSGVO)。データの保存、電子メールアドレス、およびニュースレターの送信に使用することへの同意は、ニュースレターの「購読解除」リンクなどを介していつでも取り消すことができます。すでに行われたデータ処理操作の合法性は、失効の影響を受けません。

ニュースレターの購読を目的として当社に保存したデータは、ニュースレターの購読を解除するまで、またはニュースレターの購読を解除した後、またはニュースレターの配信が終了した後、ニュースレターの配信リストから削除されるまで、当社またはニュースレターサービスプロバイダーによって保存されます。あらゆる目的。 GDPR第6条第1項に従い、当社の正当な利益の範囲内で、当社の裁量により、ニュースレター配布リストから電子メールアドレスを削除またはブロックする権利を留保します。

他の目的で当社が保存したデータは影響を受けません。

ニュースレター配信リストから削除された後、今後の郵送を防ぐために必要な場合は、当社またはニュースレターサービスプロバイダーによって電子メールアドレスがブラックリストに保存される場合があります。ブラックリストのデータはこの目的でのみ使用され、他のデータとマージされることはありません。これは、ニュースレターを送信する際の法的要件を遵守することへのあなたの利益と私たちの利益の両方に役立ちます(Art。6Para。1lit。f GDPRの意味における正当な利益)。ブラックリストへの保存は時間に制限されていません。あなたの利益が私たちの正当な利益を上回っている場合は、ストレージに反対することができます。

6.プラグインとツール

YouTube

このWebサイトには、YouTubeWebサイトのビデオが含まれています。ウェブサイトの運営者は、アイルランドのダブリン4、バロウストリートのゴードンハウスにあるGoogle Ireland Limited(「Google」)です。

YouTubeが統合されている当社のWebサイトにアクセスすると、YouTubeサーバーへの接続が確立されます。 YouTubeサーバーには、アクセスしたページが通知されます。

さらに、YouTubeはさまざまなCookieをエンドデバイスに保存したり、同等のテクノロジーを使用して認識したりすることができます(デバイスのフィンガープリントなど)。このようにして、YouTubeはこのWebサイトへの訪問者に関する情報を受け取ることができます。この情報は、とりわけ、ビデオ統計を収集し、使いやすさを向上させ、詐欺の試みを防ぐために使用されます。

YouTubeアカウントにログインしている場合は、YouTubeを有効にして、サーフィンの動作を個人のプロファイルに直接割り当てることができます。 YouTubeアカウントからログアウトすることで、これを防ぐことができます。

YouTubeは、オンラインオファーの魅力的なプレゼンテーションのために使用されます。これは、第6条第1項GDPRの意味における正当な利益を表します。対応する同意が要求された場合、処理は、第6条第1項GDPRおよび第25条第1項TTDSGに基づいてのみ行われます。同意には、TTDSGの意味の範囲内でのCookieの保存またはユーザーのデバイス内の情報へのアクセス(デバイスのフィンガープリントなど)が含まれます。同意はいつでも取り消すことができます。

詳細については、ユーザデータの取り扱い、でのYouTubeのプライバシーポリシーを参照してくださいます。https://policies.google.com/プライバシーHL = EN

Google reCAPTCHA

このウェブサイトでは「GooglereCAPTCHA」(以下「reCAPTCHA」)を使用しています。プロバイダーは、Google Ireland Limited( "Google")、Gordon House、Barrow Street、Dublin 4、Irelandです。

reCAPTCHAの目的は、このWebサイトへのデータ入力(連絡フォームなど)が人間によって行われたのか、自動プログラムによって行われたのかを確認することです。これを行うために、reCAPTCHAはさまざまな特性に基づいてWebサイト訪問者の行動を分析します。この分析は、Webサイトの訪問者がWebサイトにアクセスするとすぐに自動的に開始されます。分析のために、reCAPTCHAはさまざまな情報(IPアドレス、Webサイトの訪問者がWebサイトで費やした時間、ユーザーによるマウスの動きなど)を評価します。分析中に収集されたデータはGoogleに転送されます。

reCAPTCHA分析は完全にバックグラウンドで実行されます。 Webサイトの訪問者には、分析が行われていることは通知されません。

データの保存と分析は、GDPR第6条第1項に基づいて行われます。 Webサイトの運営者は、不正な自動スパイやSPAMからWebサービスを保護することに正当な関心を持っています。対応する同意が要求された場合、処理は、TTDSGの意味の範囲内でArt。6Para。1lit.DSGVOおよび§25ParaB。デバイスのフィンガープリントにのみ基づいて行われます。同意はいつでも取り消すことができます。

GoogleのreCAPTCHAのの詳細については、以下のリンクの下にGoogleのデータ保護規制と利用のGoogleの用語で見つけることができます: HTTPS://policies.google.com/プライバシーHL =デ?のhttps://policies.google.com/terms?hl = de

Google Analytics(匿名化機能付き)

このウェブサイトでは「GoogleAnalytics(匿名化機能付き)」を使用しています。 GoogleAnalyticsはウェブ分析サービスです。 Web分析は、Webサイトへの訪問者の行動に関するデータの収集、収集、および評価です。 Web分析サービスは、特に、関係者がWebサイトにアクセスしたWebサイト(いわゆるリファラー)に関するデータ、Webサイトのどのサブページにアクセスしたか、またはサブページが表示された頻度と期間に関するデータを収集します。 Web分析は、主にWebサイトの最適化と、インターネット広告の費用便益分析に使用されます。

Google Analyticsコンポーネントのプロバイダーは、アイルランドのダブリン4にあるBarrowStreetのGordonHouseにあるGoogleIreland Limited( "Google")です。

Google Analyticsを介したWeb分析には、追加の「_gat._anonymizeIp」を使用します。この追加により、欧州連合の加盟国または欧州経済領域に関する協定の別の締約国から当社のWebサイトにアクセスした場合、関係者のインターネット接続のIPアドレスが短縮され、Googleによって匿名化されます。

Google Analyticsコンポーネントの目的は、当社のWebサイトの訪問者フローを分析することです。 Googleは、取得したデータと情報を使用して、特に、当社のWebサイトの使用を評価し、当社のWebサイトでの活動を示すオンラインレポートを作成し、当社のWebサイトの使用に関連するその他のサービスを提供します。

Google Analyticsは、データ主体の情報技術システムにCookieを配置します。クッキーとは何かはすでに上で説明されています。クッキーを設定することにより、Googleは当社のウェブサイトの使用を分析することができます。このウェブサイトの個々のページの1つが呼び出されるたびに、処理の責任者が操作し、Google Analyticsコンポーネントが統合されているため、関係者の情報技術システムのインターネットブラウザが自動的にアクティブになります。オンライン分析のためにデータをGoogleに送信するためのそれぞれのGoogleAnalyticsコンポーネント。この技術的プロセスの一環として、Googleは、関係者のIPアドレスなどの個人データに関する知識を取得します。このデータは、特に、訪問者とクリックの発信元を追跡し、その後、コミッションステートメントを有効にするために使用されます。

クッキーは、アクセス時間、アクセス元の場所、関係者による当社のウェブサイトへのアクセス頻度などの個人情報を保存するために使用されます。当社のウェブサイトにアクセスするたびに、関係者が使用するインターネット接続のIPアドレスを含むこの個人データが、アメリカ合衆国のGoogleに送信されます。この個人データは、Googleによってアメリカ合衆国に保存されています。 Googleは、技術的プロセスを通じて収集されたこの個人データを第三者に渡す場合があります。

関係者は、上記のとおり、使用するインターネットブラウザの対応する設定により、いつでも当社のウェブサイトによるクッキーの設定を防ぐことができ、したがって、クッキーの設定に恒久的に反対することができます。使用されるインターネットブラウザのそのような設定はまた、グーグルが関係者の情報技術システムにクッキーを設定することを妨げるでしょう。さらに、Google Analyticsによってすでに設定されているCookieは、インターネットブラウザまたはその他のソフトウェアプログラムを介していつでも削除できます。

さらに、データ主体は、このウェブサイトの使用およびグーグルによるこのデータの処理に関連してグーグルアナリティクスによって生成されたデータの収集に反対し、防止するオプションを持っています。このため、リンクにあるブラウザアドオンは、https://tools.google.com/dlpage/gaoptoutをダウンロードしてインストールする必要があります。このブラウザアドオンは、JavaScriptを介してGoogle Analyticsに、Webサイトへのアクセスに関するデータや情報がGoogleAnalyticsに送信されないことを通知します。ブラウザアドオンのインストールは、Googleによって矛盾として評価されています。データ主体の情報技術システムが後で削除、フォーマット、または再インストールされた場合、データ主体はGoogle Analyticsを非アクティブ化するために、ブラウザアドオンを再インストールする必要があります。関係者またはその影響範囲に起因する他の者によってブラウザアドオンがアンインストールまたは非アクティブ化された場合、ブラウザアドオンを再インストールまたは再アクティブ化する可能性があります。

Googleがより多くの情報とプライバシーに関する法律のHTTPSであり://www.google.de/インターナショナル/デ/ポリシー/プライバシー/とのhttp://www.google.com/分析/用語/取得することがen.html。 Google Analyticsは次のリンクにありますhttps://www.google.com/intl/en_gb/analytics/詳細について説明します。

ソース: https://www.e-recht24.de