cFosパワーブレインウォールボックス

cFos Power Brainのウォールボックスは、市場で最も充実したソフトウェア機器を搭載しています。以下のおまけが付きます。

ローディングルール

時間制御充電、太陽光発電システムによる充電、電気料金制御充電、環境配慮型充電、バジェット充電などここでは、すべての充電ルールをご紹介します。

太陽電池の余剰充電

太陽光発電システムの電力を給電する代わりに、系統からの電力が不要になるように制御するなどして、自動車に充電する。

かしこい充電機能

cFosChargingManagerは、「車を起こす」「車をスリープさせる」「バッテリーを節約する」など、便利な充電機能を備えています。

ダイナミック・ロード・マネジメントを統合

他のウォールボックス(他社製も含む)と組み合わせて、既存の家庭用コンセントの電力を有効に活用することができます。

簡単な試運転

電気屋さんによる接続→充電中。WLANアクセスポイントおよびWebブラウザによる設定

これからの変動する電気料金に最適化される

グリッドサービング制御、スマートメーターゲートウェイ、エネルギーサプライヤーAPIなど。

当社のcFos Power Brain Wallboxは、充電電力が11kWと 22kWの2種類を用意しています。

新製品:cFos パワーブレイン Solarpack 11kW、太陽光発電の余剰電力を評価する双方向メーター付き。

ソーラー機能を自分で設定したくない場合は、Solarpackであらかじめ設定されたソリューションを提供します。また、付属の追加メーターは、ウォールボックスに直接接続できないソーラーシステムでの過剰充電を可能にします。

装置

  • ウォールボックス(3相、単相充電も可能)、各相最大充電電流16A、タイプ2プラグ付き5m充電ケーブル(黒)、DCセンサー内蔵、RFIDリーダー、待機時消費電力<2W、屋外使用に適した筐体
  • MID認証(校正済み)Modbusメーター
  • OCPP 1.6j(および1.5 / 1.6s)、ModbusとOCPPの並行運用も可能です。
  • Modbus RTUおよびTCP
  • WLANアクセスポイント/ホットスポット/WiFi 802.11 b/g/n
  • RFIDリーダー
  • HTTP API、S0インターフェース
  • ほぼ全ての外部Modbusカウンターの接続が可能
  • モバイルアプリ
  • KfWの資金調達の対象
  • 生涯無料のソフトウェアアップデート(WLAN経由)
  • ドイツ製
  • 100%再生プラスチックを使用したハウジング
  • 30日間返金保証:電気工事士によるウォールボックスの接続と、広範囲なテストを行うための十分な時間を確保するためです。

heise+(有料)にてcFos Power Brain Wallboxのレビューが掲載されました。

詳細はこちら