ModbusまたはS0メーター付きcFosチャージングコントローラー

メーターの使用例

1.充電したkWhのロギング

Img ModbusまたはS0メーター付きcFosチャージングコントローラー Img ModbusまたはS0メーター付きcFosチャージングコントローラー

cFos Power Brain Controller の供給ラインの配電に S0 メーターを設置するよう、電気工事士に依頼してください。S0 メーターから cFos 充電コントローラーの「S0-1」接続にツイストペア接続をする必要があります。Modbus メーターの場合、Modbus メーターの A と B 接続を、cFos 充電コントローラーのA と B接続にツイストペアで接続する必要があります。

Configuration」ダイアログでは、以下の設定が必要です。

S0メーター

メーターとして「cFos Power Brain Controller」というタイプのメーターを追加します。
デバイスタイプ:cFos Power Brain
Address:localhost:4701
ID:1
Enabled:on
Role:ディスプレイまたは消費e-car

必要に応じて、1kWhあたりのパルス数を設定する。

Modbusメーター

メーターとして「cFos / YTL DTS353F-2」というタイプのメーターを追加します。
デバイスタイプ:cFos / YTL DTS353F-2
アドレスです。COM1,9600,8,e,1
ID:101
Enabled:an
Role:displayorconsumption E-car

これからは、cFos充電コントローラーがクルマに充電されたエネルギーをカウントしてくれます。

ピン留め式メーター

:EVSEがこのメーターを知るためには、EVSEの設定にこのS0メーターをピン留めする必要があります。

2.家庭の消費電力を考慮したダイナミックな充電電流制御

Img ModbusまたはS0メーター付きcFosチャージングコントローラー Img ModbusまたはS0メーター付きcFosチャージングコントローラー

ユニークなセールスポイント:このようなことができるEVSEは他にありません。

電気工事業者に依頼し、エネルギー供給会社のメーターの後ろにメーターを設置し、cFos Power Brain Wallboxの電力消費量を除いた、ご自宅の電力消費量のみを測定するようにします。メーターとcFos充電コントローラーの配線は、上記のように行う必要があります。

cFos Power Brain Controllerの設定で「負荷管理」を有効にする。

Configuration」ダイアログでは、以下の設定が必要です。

Max. Total Power "の欄に、ご自宅の接続容量を入力してください。総電力」欄には、ご自宅の接続容量を入力してください。電力予備(」は、各相の負荷が異なる可能性があるので、制御予備として必ず3000(3kW)を入力します。

cFos Power Brain Wallbox を EVSE (電気自動車) として追加します。
Device type:cFos Power Brain
Address:localhost:4701
ID:1
Enabled:an
Max.Power:11kW
Priority:0
Phase rotation:0

上記説明の通り、メータとしてタイプS0メータまたはModbusメータを追加します。役割消費量

すべての設定を保存します。今後、cFos充電コントローラーに統合された充電マネージャーは、瞬間湯沸かし器などの使用により家屋の消費量が短時間でも増加した場合、車の充電電力を低減させることができます。消費量が再び減少すると、再びフル充電パワーが車に供給されます。

後から2台目(対応)のEVSEを追加した場合、充電マネージャーは利用可能な電力を両方のEVSEに分配することも可能です。

3.ソーラーシステムから十分な電力が供給されたときのみ充電する方式

Img ModbusまたはS0メーター付きcFosチャージングコントローラー Img ModbusまたはS0メーター付きcFosチャージングコントローラー

太陽電池の余剰充電の方法をご紹介しています。

チャージングマネージャーがソーラーシステムのインバータを読み取れない場合は、ソーラーシステムのインバータの背後にメーターを設置し、ソーラーシステムの現在の発電量を測定するように電気工事業者に依頼してください。メーターとcFosチャージングコントローラーの配線は、上記で説明したようにツイストペア接続を使用する必要があります。

cFos Power Brain Controllerの設定で「負荷管理」を有効にする。

Configuration」ダイアログで以下の設定が必要です。

Max. Total Power」に、ご自宅の接続容量を入力してください。総電力」欄には、ご自宅の接続容量を入力してください。電力予備(」は、各相の負荷が異なる可能性があるので、制御予備として必ず3000(3kW)を入力します。

cFos Power Brain Wallbox を EVSE (電気自動車)として追加します。
Device Type:cFos Power Brain
Address:localhost:4701
ID:1
Enabled:on
Max.Power:11kW
Priority:0
Phase rotation:0

充電ルールを追加する」をクリックして、充電ルールを追加します。ルールの種類として「ソーラー」を選択し、「開始電流制限値」としてクルマに充電するソーラーシステムの希望電力を入力します。電流」にクルマに必要な充電電力を入力します。ソーラーシステムで他の機器を動作させたい場合は、ソーラーパワー全体を選択する必要はありません。充電電力を絶対ワット数で設定する場合などは、「絶対」を選択します。

cFos Power Brain Controllerの設定を保存します。

上記で説明したように、メータとしてタイプS0メータまたはModbusメータを追加します。
役割生成

メーターと住宅接続電力の設定を保存します。これ以降、充電マネージャーは選択した太陽光発電のシェアをクルマに割り当てて充電します。

備考

S0メーターには、半導体パルス出力があるものがあります。パルスを登録しない場合は、S0入力の線を入れ替える必要があります。Configuration」の「Hardware」の下に、S0入力に何パルス登録されたかが表示されています。Modbusメーターでは、入力AとBが逆になっている場合があります。ここでは、極性を反転させる必要があるかもしれません。

また、両方のバリエーションを組み合わせることも可能です。1台のメーターで家庭の消費量を測定し、もう1台のメーターで太陽光発電を測定することができます。

これらの例では、cFos充電コントローラをModbus TCPデバイスとして操作します。localhost:4701はEVSE、localhost:4702はS0カウンター入力1、localhost:4703はS0カウンター入力2です。
EVSEはスレーブID 1、S0カウンター入力1はID 2、S0カウンター入力2はID 3を持っています。

S0中間カウンタに過負荷がかからないように注意し、データシートに記載されているカウンタの最大容量を超えないように注意してください。