ユーザー管理

cFos Charging Managerのユーザー管理は、管理者とユーザーの両方を対象としています。ユーザーは、ユーザーIDを入力することで、設定の変更や新しいRFIDカードの追加を行うことができます。ユーザーとして、新しいRFIDカードをティーチングしたり、設定を変更したい場合、管理者を呼び出す必要はありません。管理者は、ユーザーの追加や全ユーザーの一覧表示・編集が可能です。

新しいユーザーには、チャージングマネージャーから固有のIDが付与されます。ロード時にタイルに名前を表示することができます(解除可能)。さらに、ユーザーは自分のタイルを他のユーザーに見せるかどうかを設定できます(管理者は常にタイルを見ることができます)。ウォールボックスの割り当てでは、管理者はユーザーがどのウォールボックスで充電できるかを設定します。少なくとも1人のユーザーがウォールボックスに割り当てられると同時に、このボックスでの充電はPINまたはRFIDで認証されなければなりません。ユーザーごとに課金ルールを定義し、ユーザー自身が設定・有効化・無効化することが可能です。ウォールボックスに割り当てられた充電ルール(ウォールボックスの設定で)は、管理者のみが変更、有効化、無効化することができます。ユーザーとウォールボックスの充電ルールが存在する場合、常に低い方の充電電流が適用されます。

RFIDカードの追加は、固有のPIN(できるだけ長いもの)を入力する方法と、学習によって行う方法があります。ティーチングは、「Learn」ボタンを押してから、1分以内に車のプラグを差し込む、RFIDを装着するなどのトランザクションを開始することで行われます。これは、Modbusや他のプロトコルを介してcFosチャージングマネージャーにRFIDを配信するOCPPやウォールボックスで可能です。RFIDは、ユーザー名の代わりにタイルに表示される名前を持つこともできます(利用可能な場合)。RFIDカードには、充電の許可だけでなく、他の機能も割り当てることができます。このようなカードは、充電開始時や充電中に使用する相や最大充電電流を上書きすることができます。また、カードをウォールボックスに置くことで、充電やユーザーの充電ルールの有効化・無効化を行うことができます。注:一部のウォールボックスは、充電の開始時にのみRFIDを送信します。cFos Power Brain Wallboxは、充電中に新たに挿入されたRFIDカードを報告することもできます。多くのウォールボックスは、ウォールボックス自体にRFIDを教えると、チャージングマネージャーにRFIDを配信するだけです。そのためには、ウォールボックス固有の手順に従ってRFIDカードを学習させてください。

管理者として、ユーザーに優先順位を割り当てることもできます。この優先順位は、RFIDカードの挿入またはPINの入力によってこのユーザーがアクティブであることを充電マネージャが認識した時点で、ウォールボックスで設定された優先順位に上書きされます。また、ユーザーに充電の予算を割り当てることができます。予算を使い切った時点で充電を停止します。詳しくは、「kWhバジェットで充電する」をご覧ください。