概要

以下は設定例です。以下のリンクをクリックすると、設定例へ直接アクセスできます。

以下の例では、cFos Charging Managerを搭載したcFos Power Brain Wallboxを中央制御ユニットとして使用しています。または、Raspberry Piを使用することもできます。cFos Charging Manager(cFosのEVSEに統合済み)は、LAN/WLAN(Modbus TCP/IP)および(ツイスト)ペア(Modbus RTU)経由でEVSEとメーターを制御できます。Modbusプロキシもサポートされており、両者を組み合わせることも可能です。接続オプションの詳細については、以下を参照してください。接続オプションをご覧ください。

cFos Power Brain Wallboxでは、「内部」EVSEと内部S0メーター1および2が常にデバイスとして設定され、タイルとして表示されます。これらは削除することはできませんが、必要に応じて非アクティブにすることだけは可能です。EVSE と S0 メーター 1 はアクティブになり、S0 メーター 2 は非アクティブになります。S0 メーター 2 のタイルを表示して設定するには、「スタート」の「デバイス」の「すべて表示」チェックボックスをオンにする必要があります。IP アドレス、ポート、Modbus ID は、これらすべての内部デバイスに対して固定されています。ここでは何も設定する必要はありません。デフォルトでは、cFos充電マネージャが有効になっており、つまりモードは「負荷分散」になっています。これは、cFos Power Brain Wallboxがデフォルト設定のまますべての機能で動作することを意味します。cFos Power Brain Wallboxをスレーブとして動作させたい場合は、モードを「監視」に設定する必要があります。それ以外の場合は、EVSEとS0メーター1、2のTCPポートにデフォルト値の4701、4702、4703、Modbus ID 1、2、3を使用する限り、スレーブEVSEに何も設定する必要はありません。

EVSE1基、1mソーラー、ソーラー余剰金

Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面

マスターEVSE(cFos Power Brain Wallbox)では、上記のように内蔵EVSEとS0メーター1がすでに設定され、起動されています。
S0メーターの役割は、太陽光発電システムの電力を計測するため、「発電」である。
EVSEは、例えば15kWの住宅接続電力と太陽光発電の電力を自由に使うことができる。充電ルールでは、最低電流6.5Aに達したときのみ充電が行われるようになっています。過剰な充電

EVSE1基、E-car消費量1m、サンスペック社製ソーラーシステム、太陽光余剰分

Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面

マスターEVSE(cFos Power Brain Wallbox)では、すでに内蔵EVSEとS0メーター1が上記のように設定され、起動されています。
cFos Power Brain Wallbox 11kWのS0メーター1は、EVSEの引き込み電流のみを計測するように配線されています。S0メーターの役割は、「消費型e-car」
EVSEは、例えば15kWの住宅接続電力と太陽光発電を自由に利用できます。充電ルールでは、最低電流6.5Aに達したときのみ充電が行われるようになっています。余剰充電
サンスペック・ソーラー・インバータのアドレスは、ルーターの設定で確認できます。例として、現在 192.168.2.155:4702 がここに入力されています。

EVSE1基、E-car消費量1m

Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面

マスターEVSE(cFos Power Brain Wallbox)では、すでに内蔵EVSEとS0メーター1が上記のように設定され、起動されています。
cFos Power Brain Wallbox 11kWのS0メーター1は、EVSEの引き込み電流のみを計測するように配線されています。S0メーターの役割は「E-car消費」です。
家屋内接続」は15kW。この電力は静的に利用可能です(家屋接続メーターがないため)。S0メーターの位相は、車が実際に使用するように、つまり主にL1またはL1+L2+L3に設定する必要があります。

EVSE1基、メーター消費住宅1棟

Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面

マスターEVSE(cFos Power Brain Wallbox)では、すでに内蔵EVSEとS0メーター1が上記のように設定され、起動されています。
cFos Power Brain Wallbox 11kWのS0メーター1は、住宅(EVSEなし)の引き込み電流のみを計測するように配線されています。S0メーターの役割は「消費」です。
家の接続は15kWです。この電力からS0メーターの電力を差し引きます。残りはe-carの充電に利用できる。住宅で短期的な負荷ピークが発生した場合、充電電力は減少する。15kWをオーバーブッキングしないように、2kWの予備が設定されている。

EVSE2台、家庭用1メーター

Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面

設定マスター スレーブ 動作
両EVSEは、住宅接続電力15kWから制御用予備電力500Wを差し引いた電力を共有します。EVSEメーターは「消費」の役割を持ち、現在、家庭で必要な量(EVSEなし)を計測します。充電電力から家庭の消費電力を差し引いた分が、両方のEVSEに分配される。15kWと予備500Wの場合、14.5kWが充電に利用できる。家庭でまだ3kWが必要な場合など、両方が同時に充電する場合は、各EVSEに5.75kWの充電電力が供給されます。
正しいModbusポートおよびスレーブIDを設定する必要があります。

  • EVSEのデフォルト:ポート4701、スレーブID1
  • S0 メーターのデフォルト 1:ポート 4702、スレーブ ID 2
  • S0メーターのデフォルト 2:ポート4703、スレーブID3

その他の機器について一部のEVSE、メーター、インバーターに関する 説明書
1.マスター
マスターEVSE(cFos Power Brain Wallbox)では、内部EVSEとS0メーター1がすでに設定され、上記のようにアクティブになっています。
2.スレーブ
2台目のEVSE(スレーブ)は、WLAN(ハウスネットワーク)に接続されています。Modbus(TCP/IP)スレーブとして運用されます。
スレーブは位相回転120度で接続されています。つまり、電気工事士がマスターに対して位相を回転させています(L1 -> L2, L2 -> L3, L3 -> L1)。これにより、2台ともL1で充電している場合に、一方的な相の負荷を防ぐことができます。cFos Charging Managerは、個々の位相を測定できれば、これをモニターできる(ここでは測定していないが、デモ用に120度の位相回転がすでに入力されている)。2台とも単相で充電するだけなら、2台とも自分の相でフルパワーを受けられる。
S0メーター:
S0メーターはマスターのS0-1入力に接続されているため、上記のように初期値が設定されています。また、スレーブS0-1にぶら下げることも可能で、その場合は、例えば、アドレス192.168.2.150:4702、スレーブID2というようになる。

EVSE2台、家庭用メーター1台、インバーター1台

Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面

設定マスター スレーブ 動作
両EVSEは、住宅接続電力15kWから制御用予備電力500Wを差し引いた電力を共有します。EVSEメーターは「消費」の役割を持ち、現在家が必要としている量(EVSEなし)を計測します。充電可能な電力は、住宅接続電力15kWから制御予備500Wを引いたものから、S0メーターで計測した住宅消費電力とSMAインバーターで計測した太陽光発電電力を加えたもので、充電可能な電力は、15kWから制御予備500Wを引いたもの。つまり、住宅が2.5kWを必要とし、太陽光発電システムが4kWを発電している場合、EVSEは合わせて15 - 0.5 - 2.5 + 4 = 16kWの利用が可能です。両方が同時に充電している場合、これらは半分に分割されます。
正しいModbusポートとスレーブIDを設定する必要があります。

  • EVSEのデフォルト:ポート4701、スレーブID1
  • S0 メーターのデフォルト 1:ポート 4702、スレーブ ID 2
  • S0メーターのデフォルト 2:ポート4703、スレーブID3

その他の機器について一部のEVSE、メーター、インバーターに関する 説明書
1.マスター
マスターEVSE(cFos Power Brain Wallbox)では、内部EVSEとS0メーター1がすでに設定され、上記のようにアクティブになっています。
2.スレーブ
2台目のEVSE(スレーブ)は、WLAN(ハウスネットワーク)に接続されています。Modbus(TCP/IP)スレーブとして運用されます。従って、アドレスは例えば192.168.2.150:4701、スレーブIDは1です。
スレーブは位相回転120度で接続されています。つまり、電気工事業者がマスターに対して位相を回転させています(L1→L2、L2→L3、L3→L1)。これにより、2台ともL1で充電している場合に、一方的な相の負荷を防ぐことができます。cFos Charging Managerは、個々の位相を測定できれば、これをモニターできる(ここでは測定していないが、デモ用に120度の位相回転がすでに入力されている)。2台とも単相で充電するだけなら、2台とも自分の相でフルパワーを受けられる。
Meter:
最初のS0メーターはマスターのS0-1入力に接続されているため、上記のようにデフォルト値が設定されています。また、スレーブS0-1にぶら下がることもでき、その場合は、例えば、アドレス192.168.2.222:502、スレーブID 3となります。
2番目の「メーター」は、WLAN(ハウスネットワーク)に接続されたSMAインバーターです。これは「発電」の役割を担っています。

EVSE2台、国内消費量1m、不明ソーラーシステム1m

Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面

SetupMaster Slave Operation
両EVSEは、住宅接続電力15kWから制御用予備電力500Wを差し引いた電力を共有します。この電力から現在の住宅消費電力を差し引き、現在の太陽光発電の電力を加算します。つまり、住宅が2.5kWを必要とし、太陽光発電が4kWの場合、EVSEは15 - 0.5 - 2.5 + 4 = 16kWを利用できることになります。両方が同時に充電している場合、これらは半分に分割されます。
正しいModbusポートとスレーブIDを設定する必要があります。

  • EVSEのデフォルト:ポート4701、スレーブID1
  • S0 メーターのデフォルト 1:ポート 4702、スレーブ ID 2
  • S0メーターのデフォルト 2:ポート4703、スレーブID3

その他の機器について一部のEVSE、メーター、インバーターに関する 説明書
1.マスター
マスターEVSE(cFos Power Brain Wallbox)では、内部EVSEとS0メーター1がすでに設定され、上記のようにアクティブになっています。
2.スレーブ
2台目のEVSE(スレーブ)は、WLAN(ハウスネットワーク)に接続されています。Modbus(TCP/IP)スレーブとして運用されます。従って、アドレスは例えば192.168.2.150:4701、スレーブIDは1です。
スレーブは位相回転120度で接続されています。つまり、電気工事業者がマスターに対して位相を回転させています(L1→L2、L2→L3、L3→L1)。これにより、2台ともL1で充電している場合に、一方的な位相負荷がかかるのを防ぐことができます。cFos Charging Managerは、個々の位相を測定できれば、これをモニターできる(ここでは測定していないが、デモ用に120度の位相回転がすでに入力されている)。2台とも単相で充電するだけなら、2台とも自分の相でフルパワーを受けられる。
Meter:
最初のS0メーターは、マスターのS0-1入力に接続されているため、上記のようにデフォルト値が設定されています。これは、家の消費量をカウントし、したがって、 "消費 "の役割を持つ。
2番目のメーターはModbusメーター、例えばABB B23、EastronまたはOrnoで、cFos Power Brain Wallbox(マスター)のModbusターミナルにModbus 2-wire接続でハングし、COMパラメータとしてメーターは9600ボー、8データビット、パリティなし、1ストップビットに設定されています。そのスレーブIDは1である。その役割は、ソーラーシステムの電力を測定するため、「発電」である。

EVSE2台、スタティックハウス接続

Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面

設定マスター スレーブ 動作
両方の EVSE が静的に割り当てられた 15kW を共有します。つまり、片方だけが充電している場合は、11kW を受信します。同時に充電している場合は、7.5kW(制御予備500Wを引いた値)を受信します。
正しいModbusポートとスレーブIDを設定する必要があります。

  • EVSEのデフォルト:ポート4701、スレーブID1
  • S0 メーターのデフォルト 1:ポート 4702、スレーブ ID 2
  • S0メーターのデフォルト 2:ポート4703、スレーブID3

1.マスター
内部EVSEとS0メーター1は、すでに上記のようにマスターEVSE(cFos Power Brain Wallbox)に設定され、起動されています。
2.スレーブ
2台目のEVSE(スレーブ)は、WLAN(ハウスネットワーク)に接続されています。Modbusスレーブとして動作します。EVSE の IP アドレスは、この EVSE 用のアドレスとしてここに入力します(例:192.168.2.150)。EVSEのポートは4701、スレーブIDは1です。
スレーブは位相回転120度で接続されています。つまり、電気工事業者がマスターに対して位相を回転させています(L1→L2、L2→L3、L3→L1)。これにより、2台とも単相または二相で充電している場合の一方的な相の負荷を防ぐことができます。2台とも単相充電のみの場合、2台とも自分の位相でフルパワーを受けることができます。cFos充電マネージャは、個々のフェーズを測定できれば、これをモニターすることができます(ここでは測定していませんが、デモ用に120度のフェーズ回転がすでに入力されています)。充電電力は、充電車に分配される。メーターが接続されていない場合、cFos Charging Managerは、車が常に提供された電力を取っていると見なします。メーターがない場合、どのフェーズを車が使用するかを恒久的に設定することができます。

EVSE2基、静止家屋接続、EVSEに付属するメーター2基

Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面

設定マスター スレーブ 動作
両方の EVSE が静的に割り当てられた 15kW を共有します。つまり、片方だけが充電している場合は、11kW を受信します。両方が同時に充電している場合、両方が7.5kW(制御予備500Wを差し引いた値)を受け取ります。付属のメーターにより、一方のEVSEの必要電力が少ない場合、Charge Managerは7.5kW以上を割り当てることができます。
正しいModbusポートおよびスレーブIDを設定する必要があります。

  • EVSEのデフォルト:ポート4701、スレーブID1
  • S0 メーターのデフォルト 1:ポート 4702、スレーブ ID 2
  • S0メーターのデフォルト 2:ポート4703、スレーブID3

その他の機器について一部のEVSE、メーター、インバーターに関する 説明書
1.Master
Master EVSE (cFos Power Brain Wallbox)では、内部EVSEとS0メーター1がすでに設定され、上記のようにアクティブになっています。
最初の S0 メーターはここに固定されています。Charging Manager では、メーターが設置されたように見えます。概要ウィンドウのメーターのタイルが消えます。
2.スレーブ
2台目のEVSE(スレーブ)は、WLAN(ハウスネットワーク)に接続されています。Modbus スレーブとして動作します。EVSE の IP アドレスは、EVSEes のアドレスとしてここに入力されます(例:192.168.2.150)。EVSEのポートは4701、スレーブIDは1です。
スレーブは位相回転120度、つまり電気屋さんがマスターに対して位相を回転させて接続しています(L1→L2、L2→L3、L3→L1)。これにより、2台とも単相または二相で充電している場合の一方的な相積みを防ぐことができます。2台とも単相充電のみの場合、2台とも自分の位相でフルパワーを受けることができます。cFos充電マネージャは、個々のフェーズを測定できれば、これをモニターすることができます(ここでは測定していませんが、デモ用に120度のフェーズ回転がすでに入力されています)。充電電力は、充電車に分配される。メーターが接続されていない場合、cFos Charging Managerは、車が常に提供された電力を取っていると見なします。
2つ目のS0メーターはここに固定されています。Charging Managerにとっては、メーターが内蔵されているように見える。概要ウィンドウのメーター用のタイルが消えます。
Meter:
最初のS0メーターは、マスターのS0-1入力に接続されているため、上記のようにデフォルト値が設定されています。これは、EVSE 1 またはマスター EVSE の消費量をカウントします。
2番目のS0メーターは、スレーブのS0-1入力に接続されているため、アドレス(例:192.168.2.150:4702、スレーブID 2)を持っています。スレーブEVSEの消費量を測定するため、その役割は「消費量自動化」です。
2つ目のS0メーターは、スレーブの内部EVSEに取り付けることもできます。この場合、cFos充電マネージャからは、スレーブEVSEにメーターが内蔵されているように見えるため、マスタのcFos充電マネージャでこのEVSEに対してメーターを設定する必要はない。

EVSE2台、静止家屋接続、EVSEに付属するメーター2台、EVSE2台目のModbus RTU

Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面

マスターEVSEからの眺め。

Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面

スレーブEVSEからの眺め。

Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面

設定マスター スレーブ 動作
両方の EVSE が静的に割り当てられた 15kW を共有します。つまり、片方だけが充電している場合は、11kW を受信します。両方が同時に充電している場合、両方が 7.5kW を受け取ります(500W の制御予備を差し引きます)。付属のメーターにより、一方のEVSEの必要電力が少ない場合、Charge Managerは7.5kW以上の電力を割り当てることができます。
正しいModbusポートおよびスレーブIDを設定する必要があります。

  • EVSEのデフォルト:ポート4701、スレーブID1
  • S0 メーターのデフォルト 1:ポート 4702、スレーブ ID 2
  • S0メーターのデフォルト 2:ポート4703、スレーブID3

その他の機器について一部のEVSE、メーター、インバーターに関する 説明書
1.Master
Master EVSE (cFos Power Brain Wallbox)では、内部EVSEとS0メーター1がすでに設定され、上記のようにアクティブになっています。
最初の S0 メーターはここに固定されています。Charging Managerの場合、メーターは内蔵されているようです。概要ウィンドウのメーターのタイルが消えます。
2.スレーブ
2番目のEVSE(スレーブ)は、ツイストペア接続でModbus RTUを介してマスターEVSEに接続されています。Modbus スレーブとして動作します。例えば、COM ポートのパラメータは、アドレスとして入力されています。COM1,9600,8,n,1, IDは1です。
スレーブは位相回転120度で接続されています。つまり、電気工事業者がマスターに対して位相を回転させています(L1 -> L2, L2 -> L3, L3 -> L1)。これにより、2台とも単相または二相で充電している場合の一方的な相の負荷を防ぐことができます。2台とも単相充電のみの場合、2台とも自分の位相でフルパワーを受けることができます。cFos充電マネージャは、個々のフェーズを測定できれば、これをモニターすることができます(ここでは測定していませんが、デモ用に120度のフェーズ回転がすでに入力されています)。充電電力は、充電車に分配される。メーターが接続されていない場合、cFos Charging Manager は、車が常に提供された電力を使用するものと見なします。
スレーブには、同じ COM パラメータを入力する必要があります。
Meter:
最初のS0メーターは、マスターのS0-1入力に接続されているため、上記のようなデフォルト値を持っています。これは、EVSE 1またはマスターEVSEの消費量をカウントします。
2番目のS0メーターは、スレーブのS0-1入力に接続されており、スレーブに取り付けられているため、スレーブでの役割は「E-car消費」に設定されています。Charging Managerにとって、スレーブEVSEはメーターを内蔵したものと同じように見えます。マスターのcFos Charging Managerで、このEVSEのメーターを設定する必要はありません。

EVSE2台、スタティックハウス接続、EVSEにModbusメーター2台添付、EVSE2台目Modbus RTU

Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面

マスターEVSEからの眺め。

Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面 Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面

スレーブEVSEからの眺め。

Img スクリーンショット cFos Charging Managerの設定画面

設定マスター スレーブ 動作
両方の EVSE が静的に割り当てられた 15kW を共有します。つまり、片方だけが充電している場合は、11kW を受信します。両方が同時に充電している場合、両方が 7.5kW を受け取ります(500W の制御予備を差し引きます)。付属のメーターにより、一方のEVSEの必要電力が少ない場合、充電管理者は7.5kW以上の電力を割り当てることができる。
両方のEVSEと両方のメーターは、Modbus(RTU、2線式接続)で接続されています。スレーブと両方のメーターはマスターに接続されています。正しいModbusポートおよびスレーブIDを設定する必要があります。

  • マスターEVSEのデフォルト:スレーブID 1
  • デフォルト Modbus メーター 1: スレーブ ID 101
  • EVSEスレーブのデフォルト EVSE:スレーブID 4(1であってはならない)
  • Modbusメーター2:スレーブID 102(101であってはならない)

その他の機器について一部のEVSEメーター、インバーターに関する 説明書
1.Master
Master EVSE (cFos Power Brain Wallbox)では、内部EVSEとデフォルトのcFos YTL Modbusメーター1がすでに設定され、上記のように活性化されています。
このModbusメーターはピン留めされています。Charging Managerの場合は、メーターが内蔵されているようです。概要ウィンドウのメーターのタイルが消えます。
2.スレーブ
2番目のEVSE(スレーブ)は、マスターEVSEとツイストペア接続でModbus RTUに接続されています。Modbus スレーブとして動作します。例として、COM ポートのパラメータをアドレスとして入力しました。COM1,9600,8,n,1, IDは4です。
スレーブは位相回転120度で接続されています。つまり、電気工事業者がマスターを基準に位相を回転させています(L1 -> L2, L2 -> L3, L3 -> L1)。これにより、2台とも単相または二相で充電している場合の一方的な相の負荷を防ぐことができます。2台とも単相充電のみの場合、2台とも自分の位相でフルパワーを受けることができます。cFos充電マネージャは、個々のフェーズを測定できれば、これをモニターすることができます(ここでは測定していませんが、デモ用に120度のフェーズ回転がすでに入力されています)。充電電力は、充電車に分配される。メーターが接続されていない場合、cFos Charging Manager は、車が常に提供された電力を使用するものと見なします。
スレーブには同じ COM パラメータを入力する必要があります。
2.Meter:
2台目のメーターも2線式Modbusに接続され、IDは102です。マスターで2番目のEVSEに接続されています。スレーブはModbusマスターではないので、スレーブでは取り付けられません。マスターのEVSEだけがModbus上の他のデバイスに問い合わせることができます。2台目のメーターはスレーブEVSEの消費量をカウントするため、その役割は「消費E-car」です。マスターEVSEのCharging Managerにとって、スレーブEVSEはメーターを内蔵したEVSEのように見えます。