Raspberry PiへのcFosチャージングマネージャーのインストール

1.準備

必要です。

2.オペレーティングシステムのインストール

cFos Charging Manager + Raspberry Pi - #1

Raspberry Pi Imager ソフトウェアをコンピュータにインストールします。Micro SDカードをアダプターに挿入し、Raspberry Pi Imagerを開く。

cFos Charging Manager + Raspberry Pi - #2

OSの選択」で「Raspberry Pi OS」を選択します。
Select SD card "で、Micro SDカードを選択します。

cFos Charging Manager + Raspberry Pi - #3

書き込み処理を開始するには、「書き込み」をクリックします。書き込み処理中、既存のデータはすべて削除されます。正しいドライブが選択されていることを確認してください。

3.SSHの設定

cFos Charging Manager + Raspberry Pi - #4

処理が完了すると、すぐにSDカードのメインディレクトリが開きます。ここで、"ssh "という名前の空のファイルを作成します。右クリックで「新規作成」→「テキスト文書」を選択します。

cFos Charging Manager + Raspberry Pi - #5

名前に "ssh "と入力し、後ろにある候補の".txt "を削除します。

4.Raspberry Piとの接続

SDカードを取り出して、Raspberry Piに挿入します。Raspberry Piとネットワークケーブルで接続し、電源を入れます。
Raspberry Piが起動するまでしばらく待ちます。

SSHでRaspberry Piがネットワーク上にあるかどうかを確認するには、コマンドラインから次のコマンドでRaspberry Piにpingを打ちます。

ping[IP address]

例:ping 192.168.0.153
(例えば、Windowsの検索でcmdと入力すれば、コマンドラインを開くことができます。IPアドレスは、ルーターの設定で調べることができます。

cFos Charging Manager + Raspberry Pi - #6

Fritz!Boxを使用している場合は、IPアドレスの代わりに「raspberrypi.local」を使用することもできます)
これが成功したら、SSHでRaspberry Piにアクセスすることができます。これを行うには、次のコマンドを入力します。

ssh pi@[IPアドレス]

アクセスのためのパスワードは次のとおりです。「raspberry」(入力中はパスワードは表示されません)。

cFos Charging Manager + Raspberry Pi - #7

その後、ホストの真正性を確認するよう求められます。これは「man-in-the-middle」攻撃を防ぐためのものです。ホスト(Raspberry Pi)はローカルネットワーク内にあるので、このメッセージは "yes "で確認することができます。

5.インスティテューション

セットアップを進めるには、いくつかの設定が必要です。
メニューに入るには、次のコマンドを入力します。

sudo raspi-config

cFos Charging Manager + Raspberry Pi - #9

1 システムオプション」を選択します。

cFos Charging Manager + Raspberry Pi - #10

次に、「S3パスワード」を選択し、独自のパスワードを割り当てます。

cFos Charging Manager + Raspberry Pi - #11

その後、メインメニューに戻ります。ここで、「5 Localisation Options」を選択します。

cFos Charging Manager + Raspberry Pi - #12

次に「L2タイムゾーン」を選択します。ここで現在のタイムゾーンを設定します。

cFos Charging Manager + Raspberry Pi - #11

必要に応じて、「5 Localisation Options」を再度選択してください。

cFos Charging Manager + Raspberry Pi - #13

nn "L4 WLAN Country "を選択し、ここでお住まいの国を設定します。

完了」で設定を完了します。

アップデートを行うことをお勧めします。以下のコマンドで行います。前のコマンドが完了した後に、次のコマンドを実行してください。

sudo apt-get update

sudo apt-get upgrade -y

sudo apt-get dist-upgrade -y

6.cFosチャージングマネージャーのインストール

cFos Charging Manager + Raspberry Pi - #15

cFos Charging Managerをインストールするには、次のコマンドを入力します:

curl -sL https://cfos-emobility.de/charging-manager/cm_install.sh | bash -

メニューが開きます。矢印キーを使ってインストールの種類を選択し、「OK」で確定します。

ライセンス条件を読み、同意します。

cFos Charging Manager + Raspberry Pi - #16

これで、cFos Charging Managerがインストールされました。

7.cFosチャージングマネージャーのセットアップ

ブラウザの検索欄に、以前SSHでアクセスした際に使用したIPアドレスと正しいポート番号を記入して、ユーザーインターフェイスを開いてください。デフォルトでは、ポート4712が使用されます。

例:192.168.0.153:4712

cFos Charging Manager + Raspberry Pi - #17

ここで、ライセンス条件を読み、同意します。その後、cFos Charging Managerをお好きなように設定することができます。詳しくは、コミッショニングインストラクションを参照してください。

8.備考

SDカードに多くのデータを書き込むと、SDカードが消耗することがあります。故障の際に再度完全に設定する必要がないように、定期的にデータのバックアップをとってください。

また、Raspberry PiをUSBハードディスクから起動するように設定することもできます。手順はこちらでご覧になれます。