システム構成

Screenshot #1 cFosチャージングマネージャーのドキュメンテーション - システム構成

管理者パスワードは、初めて使用するときに変更する必要があります。ロックアウトされないよう、しっかりメモしておいてください。cFos Charging Manager のデフォルトパスワードは空です。ユーザー名は常にadminです。

当社のハードウェアおよびソフトウェアを改善するために、クラッシュ情報および匿名化された使用統計の提出を許可してください。

localhost is admin」を有効にすると、同じPCからWebアクセスを行う場合、cFos Charging Managerはadminパスワードを必要としません。

Screenshot #2 cFosチャージングマネージャーのドキュメンテーション - システム構成

トランザクション

ここには、Excelで読み込めるファイルであるトランザクションログがあり、対応するメーターがある場合は、開始・終了日時、ウォールボックスの番号、デバイスID、ユーザーID、ユーザーのRFID/PIN、充電Wh(ワット時)、充電プロセスごとの総ワット時、が記録されています。これにより、複数のユーザーが充電スタンドを共有している場合でも、請求書を作成することができます。トランザクションログの最後の2列には、太陽光発電の余剰電力で充電した場合は1(それ以外は0)、太陽光発電で充電したkWhの割合が記載されています。

Modbus TCP/RTUプロキシ

Modbus TCPのアクセスをModbus RTU、すなわちCOMポートに転送することができます。これにより、2線式しか接続できない機器でも、TCP/IPでアドレス指定ができるようになります。これを行うには、プロキシがどのTCPポートをリッスンするか、そしてModbus RTUデバイスにアクセスするときにどのCOMパラメータを使用するかを設定します。

ロギング

ここでは、5分間の診断ログを作成することができます。そして、ほとんどすべてが記録され、サポートに役立っています。診断ログの実行中に発生した問題は、再現してください。また、Diagnse Logでは、全体の設定もそこに保存されるので、お客様の設定の詳細も知ることができます。一般的なロギング設定で、個々のトピックに対してどのように詳細なロギングが行われるかを決定することができます。トラブルシューティングに役立つかもしれません。ログが不要な場合は、「エラー」または「オフ」に設定することを忘れないでください。必要であれば、適切なsyslogサーバーにログを送信することもできます。

ファイル管理

追加充電ポイントのロックを解除するためのライセンスキー、メーター定義、設定ファイル、証明書は、ここからcFos Charging Managerにアップロードすることができます。ユーザー定義メーターは、同じデバイスタイプで弊社が供給するメーターよりも優先順位が高くなります。アップロードされた証明書は、証明書を使用できるすべての箇所で選択することができます。

チャージングマネージャーの変数

ここで変数を自分で作成したり、エネルギー供給会社向けのHTTP APIでこれらの変数を管理することができます。すべての変数に数式でアクセスできる。これにより、cFos Charging Managerが制御に使用する値を一元的に設定し、外部から制御できるようにすることができます。また、システムごとに個別に設定できるシステム構成に格納された変数にアクセスすることで、Charging Managerの構成を汎用的に作成し、複数のシステムで使用することができます。

スマートメーターゲートウェイ

cFosチャージングマネージャーは、スマートメーターゲートウェイに接続し、これを介してエネルギー供給会社/グリッドオペレーターとデータを交換することができます。SmartmeterゲートウェイのURL/IPアドレス:ポートと、Smartmeterゲートウェイ経由でcFos Charging Managerが到達すべき宛先アドレス(エネルギー供給会社のサーバーなど)を指定することができます。Smartmeter Gatewayで保護されたこの接続を介して、リモートステーション(エネルギー供給会社など)にシステムの管理者権限を与えるか、エネルギー供給会社のAPI機能のみを与えるか、管理者権限を一切与えないかを設定することができます。暗号化としてTLSを有効にすることができます。

システム時間

ここでは、OCPPバックエンドから提供される時間をシステム時間として使用するかどうかを設定することができる。

Screenshot #3 cFosチャージングマネージャーのドキュメンテーション - システム構成

COM ポートのマッピング

これは、cFos 充電コントローラ以外のコンピュータの一般的な充電マネージャ機能に影響を与えます。ここでは、異なるグループのデバイスで複数の RS 485 バスを使用することができます。その場合、すべてのデバイスの COM ポート番号を変更することなく、1 つの COM ポートを別の COM ポートにマッピングできれば、設定が容易になります。

カウンターテスト

メーターテストでは、チャージングマネージャーに関連するすべての値を表示することができ、メーターが妥当な値を送信しているかどうかを確認することができます。そのためには、メーターを設定するときと同じように、機器の種類、アドレス、IDを入力し、「テスト」をクリックします。.

コマンドの実行

Windows、Raspberry、Linuxでコマンドを実行し、テキスト出力を表示することができます。これにより、外部のリモートコントロールソフトを使用せずに、Charging Managerの対象となるシステムをメンテナンスすることができます。cFos Power Brain Wallboxでは、この機能は使用できません。

Modbusテスト

このダイアログエレメントを使用すると、特定のデバイスに個別のModbusコマンドを送信することができます。Address" と "Slave ID" フィールドにメーターとEVSEを設定するときと同じ方法でModbusデバイスのアドレスとIDを入力します。Register "には、読み書きを行うレジスタの番号を10進数または0xを前置した16進数で指定します。Type "ではModbusレジスタに保存されているデータ・タイプを定義し、"Count "ではレジスタから読み込まれるデータ・タイプを指定します。書き込みを行う場合、"Value to write "も指定します。また、読み出しまたは書き込みの機能番号を設定することもできます。次に、"Read "または "Write "をクリックします。結果は "Result "と "Status "フィールドに表示されます。

Screenshot #4 cFosチャージングマネージャーのドキュメンテーション - システム構成

テスラ TWC

RS 485インターフェース経由でアドレス指定できるTesla Wall Connector Gen 2の場合、EVSEの設定で設定する必要があるIDが必要です。Tesla EVSEが接続されているCOMポートを入力することで、ここで決定することができます。cFos充電コントローラの場合、これは常にCOM1です。