充電のルール

Screenshot cFosチャージングマネージャーのドキュメンテーション - RFID / PIN

充電マネージャは、数秒ごとに、EVSEに割り当てられた充電ルールと、このEVSEのために保存されたユーザの充電ルールを評価する。EVSEとユーザーの各充電ルールは、入力された順番に検索されます。充電ルールが適用されると同時に、そのルールが適用され、それ以降のルールは無視されます。 少なくとも 1 つの充電規則が指定されたが、何も見つからなかった場合、充電電流0が適用される。これは、EVSE のルールセットとユーザのルールセットで発生する。EVSE とユーザのルールセットの両方が適用される場合、充電マネージャは小さい方の充電電力を取る。

各ルールには、適用する曜日を指定することができます。
ルールには次のような種類があります。

時間設定された開始時間から終了時間まで適用されるルールです
ソーラー太陽光発電量(全生産者メーターの合計)が一定の基準値を超えた場合に適用されるルールです
環境適合性充電を遅らせることで、できるだけ多くの電力を再生可能エネルギーでまかない、電力網に負担をかけないようにすることができます。環境対応充電の図解>と解説はこちら
価格電力会社を選択した後、電気料金が調整可能なレベル以下になると、すぐにロードすることができます。
入力デジタル入力を設定または削除した場合に適用されるルールです
コンディション指定された条件を満たしたときに読み込まれる
充電電流は数秒ごとに式で調整されます。

各ルールには、"Power "値とモードが含まれています。
この "Power "値の意味は、モードによって切り替えることができます。

アブソリュートこの値は、充電のための絶対ワット数とみなされます。
単位:百万円値は、EVSEの最大電力に対する割合です(ここでは、後のソフトウェアアップデートで太陽光発電の割合になる可能性があります)。
生産力絶対値この値は無視され、全太陽光発電量を充電電力とする
生産能力(単位:パーセント数値は太陽光発電の割合を示す
生産量から消費電力を差し引いた値充電電力は太陽光発電から固定値を引いた値となります。
サープラス充電ここでは、サープラス・ロードに関するドキュメントを掲載しています。

充電マネージャは、評価結果を、ある充電電力に対する充電スタンドの「希望」として解釈する。これを利用可能な充電電力に応じて、充電車両に分配する。

例えば、次のようなシステムで、特定の時間内だけ充電を許可することができます。
ルール 1: 時間。8:00から 12:00まで "パーセントで"100

アンダーカット時間: 一部の充電ルールでは、アンダーカット時間を秒単位で指定することができます。ルールの条件が適用されなくなった場合でも、cFosチャージングマネージャはアンダーカット時間の間、このルールを有効なままにしておく。これにより、例えば、雲が一時的に太陽電池システムの陰になったとしても、太陽電池の余剰充電を維持することができます。

ソーラーコントロール充電

ルール1:太陽光、8,5A(8500mA)「生産量マイナス電力」1500なので、少なくとも8,5A(8500mA)の太陽光発電があるときに充電するが、常に1,5A(1500mA)を他の世帯に残しておくこと。

Screenshot cFosチャージングマネージャーのドキュメンテーション - サープラス充電


いずれの場合も、最大アンダーシュート時間を指定することができます。つまり、ルールがアクティブになった後、電流制限のアンダーカットが発生しても、設定された時間だけルールが適用されます。これにより、短時間の曇天時に Charging Manager が充電をオフにすることを防ぎます。

電流は計算式で与えられるので、計算式は説明書を参照してください。電流は連続的に流すことができます。しかし、条件演算子で充電のオンオフを切り替えることができます。

価格

電気料金がユーロ単位の値以下となった時点で充電を開始します。また、到達しなければならない価格水準を指定することも可能です。電気料金が変動する電力事業者として、cFos Charging Managerは現在、AwattarとTibberをサポートしています。価格ベースの充電ルールを使用するためには、スタートページ、充電マネージャの設定で、エネルギープロバイダーを選択する必要があります。Tibberの場合は、やはりOAuthトークンを要求する必要があります。この目的のために、「設定」の下にTibberのウェブリンクがあり、エネルギー・プロバイダーとしてTibberを選択するとすぐにアクティブになります。Tibberは、価格レベルを以下のように定義しています。非常に高い:3日間平均の140%、高い:平均の115%、普通:平均の90%〜115%、安い:平均の90%以下、非常に安い:平均の60%以下。cFos Charging Mangerは、Tibberから価格水準を受け取り、それに従ってAwattar用に計算します。

条件

充電ルールをいつアクティブにするかは、数式(「数式」を参照)を使って決定することができます。数式がゼロ以外の値を返すと、読み込みルールがアクティブになります。数式がゼロを返し、アンダーカット時間が経過すると、非アクティブになります。数式は、カウンタ値、入力、Charging Manager 変数を照会するために使用できます。

エントランス

また、スイッチング入力のある充電制御を使用することもできます。例えば、cFos Power Brain Wallbox には 2 つの S0 入力があります。これらを使用するには、cFos充電マネージャでcFos充電コントローラS0メータを「表示」の役割を持つデバイスとして設定します。このメーターがデバイスID M1を持っていると仮定すると、+M1#0または-M1#0を使用してS0-1入力のアドレスを指定できます(「+」はS0入力が閉じているときに、「-」は開いているときにルールがアクティブであることを意味します)。

例えば、外部スイッチで充電電流を制御したい場合や、エネルギー供給会社の仕様に合わせてリレーを切り替えるリップル制御受信機を使用する場合、以下の充電ルールで対応可能です。

Screenshot cFosチャージングマネージャーのドキュメンテーション - *** ml: String not found [name='cfos_cm_doc_a_inputs']

1つ目の充電ルールは、S0入力がオープンの場合、8Aで充電することを定めています。
2番目の充電ルールは、ルール1が適用されない場合、車に16Aで充電されることを保証します。ここでは、8Aと16Aを切り替えて使用します。また、リレーが開いている場合は0Aを設定することで、第1充電ルールで車を一時停止させることができます。

2つ目の充電ルールが必要なのは(上記で説明したように)、少なくとも1つのルールが存在すると同時に、ルールが適用されない場合、充電マネージャが充電電流を0に設定するからです。入力が閉じているときだけ充電し、それ以外は充電しない(キースイッチ)場合、+M1#0と16Aの充電ルールで十分です。