かしこい充電機能

cFosチャージングマネージャーは、以下のような非常に便利な充電機能を備えています。

ウェイクアップカー

充電を停止/一時停止すると「眠って」しまい、充電プラグを抜くまで再び目を覚まさない車があります。充電マネージャはこれを検知して、再び車を起動させようとします。この場合、適切なEVSE(現在はcFos Power Brain Wallboxのみ)が必要です。

車を眠らせる

バッテリー残量が充電上限をわずかに下回っただけで、すぐに充電しようとするクルマがあります。常に短時間の充電を行うため、車は眠りにつくことがなく、翌朝には12Vバッテリーが空になっています。cFosチャージングマネージャーはこれを検知し、車が「眠りにつく」ことができるよう、より長い時間充電をブロックすることができます。

バッテリー節約

車によっては、バッテリーの消耗が激しくなるにもかかわらず、常に100%まで充電しているものもあります。cFosチャージングマネージャーは、充電電流がある閾値を下回ると、つまりバッテリーがほぼ満タンになると、それを検知して充電を停止することができます。ここで自分のクルマに最適な値を設定することができます。

もし、ある車種に適した閾値をお持ちでしたら、お気軽にお知らせください。そうすれば、他の人のためにここで公開します。

これらのオプションは、Charging Manager の EVSE の設定で設定することができます。