国内消費用メーター
消費用メーターがないと、cFos Charging Managerは、国内接続が最大電力で実際にどの程度負荷がかかっているのかを知ることができません。この場合、充電マネージャの設定で、他のどの消費者が存在しても、常にEVSEが利用可能な電力を家庭内接続の最大電力として入力する必要があります→静的負荷管理。多くの場合、これで十分です。しかし、多くの場合、利用可能な家庭用電力はピーク時にのみ家庭用消費電力として使用され、残りの時間帯は自動車の充電に使用することができます。この場合、EVSEを設置せずに家庭用消費量を計測するメーターを設置することが望ましい。三相分解式メーターを設置するのがベストで、そうしないと電力予備を計画する必要がある。次に、cFos Charging Managerの設定で、エネルギー供給会社に注文した値を、家の最大接続電力として入力します。すると、cFosチャージングマネージャーは、この電力から家が現在必要とする電力を差し引いた値を、正しい位相のEVSEで利用できるようにする。このようなメーターは、Charging Managerの中で「消費」という役割を担っています。
このようにして、多くの場合、家の接続電力の増加やそれに伴うアップグレードコスト、建設費補助を節約することができます。