cFosチャージングマネージャーは継続的なコストをかけずに、メーカーに依存しない負荷管理を実現します。
ほぼ全てのサイズとシステム構成が可能です。
cFos Charging Manager

cFos Charging Manager - 電気自動車充電のための負荷管理

cFos Charging Managerは、電気自動車の充電用ウォールボックスを設置する予定の駐車場のオペレーターを対象としています。その目的は、個々の電気自動車に可能な限り多くの充電電力を供給することです。

現在、オーナーズアソシエーションや集合住宅、それに付随する共同利用の車庫・駐車場からの問い合わせが増えています。負荷管理システム導入の第一歩として、駐車場の計画支援と 地下駐車場の事例をご紹介します。

従来のソリューションは高価で、特定のEVSEプロバイダーに限定されることがほとんどでした。メーカーに依存しないシステムは、投資の安全性を提供します。

cFos Charging Managerを使用すると、希望に応じた充電インフラを設定することができます。この目的のために、cFos Charging Managerは、負荷管理によって、さまざまなメーカーのEVSEをサポートしています。対応するEVSEのリストは随時拡大していきます。

充電インフラを計画するには、まず必要なEVSEを選択します。 大規模なシステムの場合、個々のEVSEはできるだけ安価なものを選び、トータルコストを管理しやすいようにする必要があります。そのため、cFos Charging Managerは低価格モデルにも対応し、その上でEVSEに不足している機能を別の場所で利用できるようにしています。

cFosチャージングマネージャーを今すぐ無料でお試しください。

cFosチャージングマネージャーのダウンロード - バージョン0.0

cFos Power Brain Wallbox、cFos Power Brain Controller、cFos Charging Managerに関するQ&A。
cFosチャージングマネージャーアプリをダウンロードする

シナリオ

Img ソーラーシステム搭載の一戸建て住宅

ソーラーシステム搭載の一戸建て住宅

ウォールボックス、cFosチャージングマネージャー、ハウス消費量測定用中間メーター、ウォールボックス消費量測定用メーター。

22kWのウォールボックスと瞬間湯沸かし器は、既存の住宅接続電力をオーバーブッキングしてしまいます。負荷管理により、誰かがシャワーを浴びているときや料理をしているときは、クルマへの充電電力を減らすことができます。2台のウォールボックスで、2台のクルマに充電電力を分配します。日中の充電には、太陽光発電を利用しています。

Img 車庫 50台

車庫 50台

集合住宅のウォールボックスと集中変圧器メーターの場合。

充電の認証には、RFIDリーダーがガレージ内の数カ所に設置され、cFosチャージングマネージャーと通信しています。

課金・認証

OCPPのウォールボックスをはじめ、多くのウォールボックスには電力メーターが内蔵されており、cFosチャージングマネージャーがこれを読み取り、消費したキロワット時を課金に提供することができます。よりシンプルなウォールボックスであれば、自分でメーターを設置し、チャージングマネージャーと接続することも可能です。cFosチャージングマネージャーは、クリアトランザクションログで課金データを準備する。cFosチャージングマネージャーはOCPPを話すので、課金データを外部の課金バックエンドに転送することもできます。

OCPPのウォールボックスは、通常、認証用のRFIDリーダーを搭載しています。また、他の多くのモデルは、独自のRFIDリーダーを搭載しています。RFIDリーダーのないウォールボックスの場合、チャージングマネージャーを外部(中央)のRFIDカードリーダーに接続したり、当社のウェブインターフェースやアプリで充電解除を制御することも可能です。また、RFIDリーダーを搭載したウォールボックスと搭載していないウォールボックスの混在運用も可能です。

充電電力の制御

cFosチャージングマネージャーは、負荷管理により、建物に設置された最大接続負荷を、充電する電気自動車にできるだけ分散させようとするものです。その際、ヒートポンプや換気システムなど、他の消費者の電力を考慮することができます。また、太陽光発電システムの発電量を考慮し、必要に応じてインバーターそのものを読み出すことも可能です。

消費量(および発電量)を記録するために、cFosチャージングマネージャーは一般的なメーターやインバーターに対応しています。また、独自のメーターを定義したり、HTTP APIで測定値を送信することも可能です。

個々のウォールボックスには異なる優先順位を割り当てることができます。利用可能な充電電力は、まず優先順位の高いウォールボックスに分配され、残りの電力は優先順位の低いウォールボックスに分配されます。これにより、例えば緊急車両を素早く充電し、長時間駐車しているユーザーには夜間に「給油」することができます。

単相または二相の充電車両の場合、cFos充電マネージャは相対称性を監視し、必要に応じて、VDE-AR-N 4100に従って個々の車両を停止するように調整します。

ロードルール

充電マネージャの通常の負荷管理から逸脱した特別な要件が適用される場合、特定の基準に従って充電電力を決定する充電ルールをユーザーごと、ウォールボックスごとに設定することができます。これにより、例えば、一定の電流で充電する時間帯を設定したり、太陽光による余剰充電を設定したりすることができます。

さらに、スイッチング入力(またはその他の条件)に応じて、充電電力を変更することができます。たとえば、エネルギー供給会社が結果として特定の料金体系をシグナリングする場合などです。

充電インフラに必要なもの

  • ウォールボックスとケーブル配線(LAN、WLAN、Modbus)
  • 1 x チャージング・マネージャー・キット(コントロールキャビネットまたはWindows PCに設置するためのトップハットレールハウジング入り
  • Modbus対応中間計器
  • Modbusアダプタの可能性あり(Modbus RTU、RS485アダプタ)
  • オプションでRFIDリーダーを追加可能

メンテナンスのため、cFosチャージングマネージャーをインターネットに接続し、「外部」からアクセスできるようにしておくことをお勧めします。

cFosチャージングマネージャーの価格

  • 充電ポイント1台あたりのライセンス:109ユーロ(VAT別)または129.71ユーロ(VAT19%込み)から

cFosチャージングマネージャーとハードウェアキットの詳細価格表

システム要件

  • Windows 10 または Raspberry Pi 3 または 4。
  • 推奨自動時刻設定、ソフトウェアアップデート、リモートメンテナンスのためのアクセスにインターネット接続が必要です。固定電話回線がない場合は、SIMカード付きのLTEルーターも使用できます。

ネットワーク事業者の詳細

メーカー/タイプcFos eMobility / cFos Power Brain 11kW (22kW) またはその他メーカー製
充電ポイント数EVSEの利用台数に応じて-EVSE1台につき充電ポイント1ヶ所
同一充電器の数EVSEの使用台数に応じて
最大系統需要電力(kVA11kVAまたは22kVA
最大系統連系電力(kVA0 kVA
充電電力制御範囲 kVA~kVA6kVA〜22kVA
アクティブパワーコントロール可能(有/無)はい
充電の種類(ACまたはDC)交流
交流または三相電流単相接続時はAC、三相接続時は三相(車載充電器にて制御)。

詳細はこちら