光学式読取ヘッドによるSMLメーターの読み取り

最近の」メーターの多くは、光インターフェース、つまり赤外線ダイオードを備えており、電流計の値の一部はSMLフォーマットで出力される。cFosチャージングマネージャーは、これらのメーターと光学式読み取りヘッドの接続をサポートしています。光学式リードヘッドは、2つのバリエーションがあります。3.3V TTLレベルまたはUSB接続の場合。cFos Power BrainのコントローラーにはTTLリードヘッドを、Raspberry PIやWindowsにはUSBインターフェースを持つものを接続できます。

SMLを話すメーターを光学式読取ヘッドで読み取るには、cFos Power Brain用のTTLレベル付き読取ヘッドが必要です。

GND - ピン 10
TxD - ピン 11 - ここにリーダーの RxD が接続されています
RxD - ピン 12 - ここにリーダーの TxD が接続されています
Vcc - ピン 15

次に、cFos Charging Manager で「SML Meter」タイプのメーターをセットアップしてくださ い。アドレスは「COM2,9600,8,N,1」と入力します。
WindowsやRaspberryでcFos Charging Managerを使用する場合は、USBインターフェースを持つ光学式読取ヘッドが必要です。メータとしてタイプ「SML Meter」を設定し、アドレスをCOMx,9600,8,N,1(COMxはUSBリーダーが報告するCOMポート)に設定します(Modbusアダプタに似ています)。

ブリンクコードでカウンターを有効にする

基本的な状態では、メーターキャビネットに設置された「最新の計測装置」は、光インターフェース経由でkWhを供給するだけである。タイムリーなパフォーマンス値を受け取るためには、PINで有効化する必要があります。PINは、メーターポイント事業者またはネットワーク事業者から入手することができます。暗証番号を知っていれば、懐中電灯でメーターを解除することができます。光インターフェイスを1回フラッシュします。その後、メーターは表示テストを行い、ディスプレイに "PIN "と4つのゼロが表示されます。これで、最初の0を約1秒のパルスで増加させることができます。これで、ピンの最初の桁を入力するまで、最初の0を約1秒のパルスで増加させることができます。その後、カーソルが2番目のゼロにジャンプするまで待ち、パルスを点滅させることでこの桁を増加させます。暗証番号の4桁をすべて入力すると、120秒間カウンターが有効になります。この状態では、短い点滅で表示が異なる表現に変化します。そのひとつが「PINオン」です。PIN off "と表示されるまで約5秒間点灯します。これで、光インターフェイスを介したアクティブパワーの伝送が恒久的に有効になりました。なお、これはトーチがあれば誰でもメーターの各種数値を読み取ることができるようにするためです。残念ながら、有効電力は合計値としてしか伝わらないことが多い。その後、cFosチャージングマネージャーが、各相に対応する電流値を計算します。このため、ある程度の精度が必要なため、負荷管理作業については計画的に、あるいは一定の予備を設定する必要があります。

タスモータでメーターを読み取る

TasmotaはEspressif ESPプロセッサのためのオペレーティングシステムです。Tasmotaが動作するESPモジュールにHichi IR光学式読取ヘッドを接続することができます。そして、タスモタが提供するWebサーバーから、cFosチャージングマネージャーがリーディングヘッドで測定したメーターデータを読み込むことができるのである。以下は、Andreas H.がTasmotaを適切に設定する方法を説明したものです。

WLANへの統合後は、既存のメーターに応じたスクリプトでリードヘッドを記述することになります。
Web interface(IP read head) -> Consoles -> Edit Script (store script)
重要:「Script enable」を有効にして保存します
既存のメーター定義「Tasmota_Smartmeter_http.json 」で、SML付きの LogarexメーターモデルLK13BEを読み取ります。
マッチングスクリプトです。

>D
>B
->sensor53 r
>M 1
+1,3,s,16,9600,LK13BE,1,10,2F3F210D0A,063035310D0A
1,77070100010800ff@1000,Gesamt kWh bezogen,kWh,Power_total_in,1
1,77070100020800ff@1000,Gesamt kWh geliefert,kWh,Power_total_out,1
1,77070100100700ff@1,Verbrauch aktuell,W,Power_curr,0
1,77070100240700ff@1,Power L1,W,Power_L1_curr,0
1,77070100380700ff@1,Power L2,W,Power_L2_curr,0
1,770701004C0700ff@1,Power L3,W,Power_L3_curr,0
1,77070100200700ff@1,Voltage L1,V,Volt_L1_curr,1
1,77070100340700ff@1,Voltage L2,V,Volt_L2_curr,1
1,77070100480700ff@1,Voltage L3,V,Volt_L3_curr,1
1,770701001f0700ff@1,Amperage L1,A,Amperage_L1_curr,2
1,77070100330700ff@1,Amperage L2,A,Amperage_L2_curr,2
1,77070100470700ff@1,Amperage L3,A,Amperage_L3_curr,2
1,770701000e0700ff@1,Frequency,Hz,HZ,2
1,77070100510704ff@1,Phaseangle I-L1/U-L1,deg,phase_angle_p1,1
1,7707010051070fff@1,Phaseangle I-L2/I-L2,deg,phase_angle_p2,1
1,7707010051071aff@1,Phaseangle I-L3/I-L3,deg,phase_angle_p3,1
1,77070100510701ff@1,Phase angle U-L2/U-L1,deg,phase_angle_l2_l1,1
1,77070100510702ff@1,Phase angle U-L3/U-L1,deg,phase_angle_l3_l1,1

例に挙げたメーター以外を使用する場合は、既存のメーターに合わせたスクリプトでタスモタを稼働させる必要があります。
一般的なモデルに適したTasmotaスクリプトは、インターネット上で見つけることができます。
その後、http://ip_lesekopf/cm?cmnd=status%2010 のリンクで出力をテストすることができます。 フィードバックは次のようになるはずです。
フィードバックは次のようになります(例:Logarex LK13BE)。

{
"StatusSNS":{
"Time":"2022-09-24T10:16:32",
"LK13BE":{
"Power_total_in":108.9,
"Power_total_out":0.0,
"Power_curr":4294,
"Power_L1_curr":1390,
"Power_L2_curr":1453,
"Power_L3_curr":1450,
"Volt_L1_curr":235.0,
"Volt_L2_curr":232.9,
"Volt_L3_curr":234.2,
"Amperage_L1_curr":5.96,
"Amperage_L2_curr":6.33,
"Amperage_L3_curr":6.25,
"HZ":50.00,
"phase_angle_p1":353.1,
"phase_angle_p2":351.6,
"phase_angle_p3":353.2,
"phase_angle_l2_l1":120.1,
"phase_angle_l3_l1":241.0
}
}
}

そのため、メーター定義(JSON)の項目を個別に適合させ、cFos WBにアップロードする必要があります。

このフィードバックには、JSON定義を使用して、ユーザー定義のカウンターをcFosチャージングマネージャーに作成することができます。上記の例では、cFos Charging Managerの対応デバイスのページでダウンロードします。cFosチャージングマネージャーで、タスモタのアドレスを「HTTP入力」のタイプでカウンターに入力します。